Ray

どうしても復縁したいならすべきこと3つ | 幸せになるための冷却期間の過ごし方とは 

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
どうしても復縁したいならすべきこと3つ | 幸せになるための冷却期間の過ごし方とは 
今、どうしても復縁したい相手がいる方へ。まだ好きな気持ちがあるのに無理に忘れようとしても、楽しかった思い出が浮かんできて辛くなることがありますよね。だからといって、パッと気持ちを切り替えて次の恋に進むこともなかなか難しいでしょう。どうしても過去の恋を諦められない時は、冷却期間の過ごし方次第で復縁に近づくことができます!幸せな恋愛ができるようになると信じて、ぜひトライしてみましょう。
この記事の監修者

ハワイ国際大学客員准教授、米国応用心理カウンセラー 林基弘

ハワイ国際大学客員准教授(カイロプラクティック・心理学・痩身・統合的研究)、米国応用心理カウンセラー取得、東京東新宿と大阪肥後橋にカイロサロン『Ulysses』を開院。YouTube「Ulyssesモテ痩せチャンネル」にて健康と痩身に関する動画を配信中。

CONTENTS
  1. どうしても復縁したい人が冷却期間中にすべき3つのこと
  2. 冷却期間を設けても復縁できない理由は?
  3. 【復縁に近づく】元カレから連絡が来たときの適切な対応方法
  4. 【逆効果】元カレと復縁したい時のNG行動3つ
  5. 好きな人から愛される魅力的な女性になろう♡

どうしても復縁したい人が冷却期間中にすべき3つのこと

別れた恋人と復縁をしたいとき、冷却期間中にどう行動するかが最も重要です。

冷却期間とは、別れた恋人と一切連絡を取ったり会ったりせず、冷静になる期間のこと。心を落ち着かせて冷静な考えができるまでに、通常で2~3か月ほど、人によってはそれ以上の時間がかかると言われています。

どうしても復縁をしたいなら「今すぐ彼と復縁したい」と焦るのではなく、冷却期間を利用して一度冷静になることで「なぜ別れたのか」「彼は自分の人生にとって本当に必要な存在なのか」を考える必要があります。

なぜなら、別れた原因をきちんと理解しなかったり、自分を見つめ直したりしないまま復縁したり、新しい恋に進んだりしたとしても、結局同じ過ちを犯して破局してしまう可能性があるためです。

では、具体的に冷却期間中にどんなことをすればいいのでしょうか?

復縁したい人が冷却期間中に取るべき行動は以下の3つです。

  1. 元カレとの思い出にひたり傷ついた自分と向き合う
  2. 元カレとの関係性は、自分が幸せになれるものだったか見つめ直す
  3. 自分磨きをして人として成長する

それぞれ詳しくご説明します。

1.元カレとの思い出にひたり傷ついた自分と向き合う

どうしても復縁したい人はまず、冷却期間中に元カレとの思い出にひたって傷ついた自分と向き合うための時間を作りましょう。

復縁を目指していると「元カレへの依存心や執着をなくさなければ復縁できない」などといった言葉を目にしたり聞いたりすることがあるはず。そのため、冷却期間中はなるべく元カレのことを思い出さないように心がける人が多いでしょう。

しかし、それはあまりおすすめできません。無理に忘れようとすると、かえって元カレのことを思い出してしまい、結果的に執着することに変わりないからです。

またそれは「元カレのことを忘れられない自分」を否定することに繋がります。失恋で傷ついた自分をさらに否定してしまっては、いつまでも傷ついた心が癒やされません。

復縁をするにしても、次の恋に進むにしても、幸せになるためにはまず傷ついた自分の心を癒やしましょう。そのためには、あえて元カレとの記憶や思い出を掘り起こすことが重要です。

例えば、元カレとの思い出の場所に行って語り合ったことを思い出してみたり、元カレと出会ったころの曲を聴いて当時の感情を振り返ってみたり。

このように感傷にひたって思い切り涙を流せば、元カレへの感情が整理できるだけでなく、つらかった自分自身を認めてあげられます。

元カレとの幸せだった記憶や思い出を掘りおこすのは辛いことですが、心の傷を癒やして次のステップに進むためには重要です。

2.元カレとの関係性は自分が幸せになれるものだったか見つめ直す

冷却期間中に「元カレとの関係性が幸せなものだったか」を見つめ直すことも重要です。

元カレは自分を本当に幸せにしてくれる存在だったのかを冷静になって振り返ることで、このまま復縁を目指すべきなのか、新しい恋愛に進むべきなのか見えてきます。

女性にとっての一番幸せな恋愛は「愛され、追われる」形です。反対に、男性に対する依存性が高い恋愛は、幸せとは言い難いもの。

元カレとの関係を振り返り、自分が「元カレに従う」タイプの恋愛をしていなかったか?を確認してみてください。

例えば、食べ物の趣味や洋服の雰囲気を元カレ好みにして、一生懸命尽くしてはいませんでしたか?

男性の多くは「追われるより追う」タイプの恋愛を望んでいます。例えば女性が「彼に好かれるため」と思って男性に尽くし続けていると、男性にとっては「重すぎる」のです。

その結果、ある日突然一方的に嫌われたり、振られたりするケースがあります。

つまり「元カレに従う」タイプの恋愛をしてきてしまった人が復縁を目指すにあたっては元カレに依存すること、尽くすことをやめなければなりません。

しかし、それができたとしても復縁できるかどうかは元カレ次第……。

繰り返しになりますが、女性にとっての一番幸せな恋愛は「愛され、追われる」形です。復縁する・しないの選択肢が元カレにあるうちは、幸せな恋愛とは言い切れません。

それでも復縁したいのであれば、兎にも角にも自分磨きをしましょう!

3.自分磨きをして人として成長する

冷却期間中には自分磨きを行い、人として成長することが重要です。元カレと別れた当時よりも魅力的な人間になっていれば、再び元カレがあなたを女性として意識したり、新たな恋愛が舞い降りてくる可能性があるためです。

自分磨きの方法は様々ですが、外見に関することであればたとえばファッションやメイクを変えてみたり、スキンケアやダイエットを頑張ったりすることが大切。

内面に関しては、仕事や趣味に打ち込んでみたり、習い事を始めてみたりして引き出しの多い女性になるのもいいでしょう。

実際に自分磨きをして美しくなったり、新しい知識やスキルが増えたりしたことを、SNSに載せ続けたことで、復縁ができたという事例があります。

写真や文章を通じて、成長した姿を間接的にアピールしていると、元カレに「魅力が増したな」「良い方向に変わったな」と思ってもらえるでしょう。そうすることで、あなたを再び女性として意識し、復縁を考えるかもしれません。

また、そのような投稿を見た第三者からアプローチされることにより、新しい恋愛がスタートすることもあるでしょう。

外見や内面を磨いて自分に自信が持てるようになったら、その姿をSNSにアップして成長した様子を発信してくださいね。

冷却期間を設けても復縁できない理由は?

部屋の隅で悩む女性

冷却期間を設けて、あらゆる方法を試してみても、必ず復縁できるとは限りません。なぜなら別れた原因には、復縁できる可能性がある原因とそうでない原因があるためです。

別れる原因は大きく分けて、自分に原因がある「自因」と相手に原因がある「他因」の2つがあります。

復縁したい方はまず、自分と元カレが別れた原因が何に当てはまるかをチェックしてみてください。

自因とは

自分自身にある原因のことです。自因には自分の力では変えられない原因=定数的原因と、努力次第で変えられる原因=変数的原因があります。

  • 定数的原因 : 自分の力では変えることのできない原因のこと

(例)自分の国籍や出身地、血縁関係など

自分の力で変えられるものではないため、彼を信じて待つか、復縁を諦めて次の恋に進む必要があります。

  • 変数的原因 : 努力次第で変えられる原因のこと

(例)自分の性格や態度、趣味など

この場合は、原因を自分磨きに活かして成長することで、復縁できる可能性があります。もちろん、自分磨きをしているうちに新しい恋愛に進むのもいいでしょう。

他因とは

相手にある原因のこと。自分の力ではどうすることもできないのが他因での別れと言えるでしょう。

なお他因には、「経年変化的原因」と「経年不変化的原因」の2種類があります。

  • 経年変化的原因 : 時間の経過に伴って解決する可能性がある原因

(例)相手の生活や職場環境が変わったことで会える時間がなくなってしまった、良い女性が現れてしまったなど

自分の力ではどうすることもできないため、時間が経って彼の気が変わるのを待つか、復縁を諦める必要があります。

  • 経年不変化的原因 : 時間が経過しても解決できない原因のこと

(例)付き合い始めは気付かなかった相手の国籍や出身地、血縁関係の問題や価値観の違いなど

自分の力や時間の経過ではどうすることもできないため、彼の状況や気持ちが変わるのを待つか、復縁を諦める必要があります。

このように、別れの原因のうち復縁できる可能性が高いのは、自分に原因があり努力次第で変えられる「変数的原因」のみです。

その場合は、冷却期間中の自分磨きを通じて別れた原因を解消することで、再び元カレがあなたのことを魅力的に感じ、復縁を意識することがあるかもしれません。

残念ながら、「変数的原因」以外の原因で別れた場合は、自分の力や時間の経過ではどうすることもできません。そのため、奇跡が起こって相手の心境や状況が変わるのを待つか、復縁を諦めて次の恋へ進むかの二択になるでしょう。

ですが、そう簡単に元カレへの思いを諦められませんよね。それでも復縁したい場合は、まず元カレと誠実な友人関係を築くことで復縁に近づきましょう。

【復縁に近づく】元カレから連絡が来たときの適切な対応方法

元カレから連絡が来たとき、冷却期間を経て冷静な状態になっていれば、返信をしても問題ないでしょう。返信をする際の適切な対処法として、以下の2つが挙げられます。

  • 既読はすぐにつける
  • でもすぐに返信はしない

元カレから連絡が来た時、「がっついている」と思われないために、あえて既読をつけずに放置する人が多いかもしれません。しかし、長時間の未読スルーは相手に対して失礼にあたります。既読をつけて「確認しました」と示すのが良いでしょう。

しかし、すぐに返信をする必要はありません。

あまりにもすぐ返信してしまうと、あなたのことを都合のいい相手と捉え、もしかするとセフレの関係になり下がる可能性も。それでは復縁に近づくどころか、どんどん遠ざかってしまい、あなたの女性としての価値を下げることにも繋がります。

元カレの気持ちになってみてください。あなたからの既読がついているのに返信が来ないと、「何を考えているんだろう」と気になるはずです。あなたのことを考えてソワソワさせるためにも、数時間放置してから返信するのがベストです。

ただし、「今日の夜空いてる?」など直近の予定を聞かれている場合は放置しすぎず、20~30分を目安に返信しましょう。あまりにも長い時間を置いていると、彼に別の予定が入ってしまったり、彼の気が変わってしまったりして、せっかく彼に会えるチャンスを逃してしまうかもしれません。

直近のお誘いの場合は、相手の都合を考えて、適切な時間内に返信するように心掛けましょう。

元カレと連絡を取る際に最も大切なことは、彼を男性として意識する以前に、一人の人間として誠実に向き合うことです。

誠意を持って関わっているうちに、良好な友人関係を築ける可能性も。まずは元カレと友人関係に戻り、あなたの居心地の良さを再認識してもらうことで、元カレはゆくゆくあなたとの復縁を視野に入れることがあるかもしれません。

【逆効果】元カレと復縁したい時のNG行動3つ

元カレへの気持ちが忘れられなくて取った行動が、かえって逆効果となってしまう可能性もあります。元カレと復縁したい時のNG行動は以下の2つです。

  1. 自分から連絡をして気を引こうとする
  2. 寂しさを埋めるために好きではない人と遊ぶ

それぞれ詳しくご説明します。

 1.自分から連絡をして気を引こうとする

元カレの気を引きたくて、自分から連絡をするのは逆効果です。めんどくさがられてしまったり、都合のいい相手になってしまったりする可能性があるため、じっと堪えましょう。

彼女面をして、忙しい彼の体調を気遣うLINEを送るのもNG。もう彼女じゃないのに距離感が近いと感じ、ウザがられてしまう可能性が高いです。

2人の思い出の場所の写真を送るなど、未練がましい行為も、怖いと思われてしまうので控えましょう。

 2.心の寂しさを埋めるために好きではない人と遊ぶ

彼と別れた寂しさを埋めるために、好きではない男性と遊んでも心は満たされません。人肌が恋しくなって、惰性で体の関係を持ってしまうのもNGです。一時は寂しさを解消できますが、どんどん心が荒んでいき、一人でいる時よりも寂しさを感じてしまうでしょう。

男性がいない寂しさを男性で埋めたくなる気持ちは十分にわかりますが、女としての価値が下がるだけ。

気のおけない友人と会ったり、自分磨きに集中したりして、有意義な時間を過ごせるように頑張りましょう。

好きな人から愛される魅力的な女性になろう♡

復縁をしたいと思ったら、冷却期間を設けて別れた現実にしっかりと向き合い、人として一歩成長するための努力をしてみることが大切です。

そうしているうちに心の余裕が生まれ、元カレと再び誠実な関係を築ける可能性があります。もしくは、女性としての魅力が増したことで、新しい恋が舞い降りてくることもあるでしょう。

辛い経験は必ずあなたを強くしてくれるはずです。好きな人から愛される魅力的な女性を目指しましょう。

本記事を監修してくださった林先生の「カイロサロンUlysses」でタロット占いをしてもらうのもおすすめ!

林先生はなんとタロット占い歴38年の大ベテラン。怖いくらい当たると評判が高く、悩みや辛い気持ちでいっぱいになったときにきっと頼りになるはず!

林先生のタロット占いはお客様限定の「隠れMENU」。必ずお電話で予約し、予約時に「Rayで見たタロット占いを希望です」とお伝えくださいね!

林先生のタロット占いに興味のある方はこちらをチェック!

▼やり場のない気持ちを吐き出したい時は「電話占い」を利用してみましょう

「復縁するため」と頭ではわかっているつもりでも、冷却期間はやっぱりつらいもの。やり場のない気持ちが溜まって耐えられなくなったときは、電話占いを使ってみるとよいでしょう。

経験豊富な先生たちに気持ちを打ち明ければ、辛い状況を乗り越えるアドバイスをもらえるかもしれません。先生によっては、今のお相手の気持ちを占うこともできるでしょう。

復縁したい気持ちが募るばかりで辛い時に、きっと頼りになるはずです。

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com