Ray

「小職」は何と読む?ビジネスシーンで使う常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「小職」は何と読む?ビジネスシーンで使う常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「小職」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「小職」は何て読む?

「小職」という漢字の読み方はわかりますか?

「こしょく」などの読み方が考えられますよね。

この言葉はビジネスシーンでよく使われるので、正しい読み方と正しい意味を知っておきたいものです。

いったい何と読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は…「しょうしょく」です!

「しょうしょく」という読み方がわかっていても、実際に使えなければ意味がないですよね。

小職の意味は、「官職についている人が自分をへりくだっていう語」です。

「私」を使うより、「小職」を使った方がよりかしこまった印象を与えることができます。

この言葉はへりくだって表現したいときに使うので、目上の人には使わないようにしましょう。

また、小職と同じ意味の言葉として、「当方(とうほう)」があります。

小職は官職についていない人は使えないですし、目上の人に使うと失礼になるので、「私」や「当方」などを場に応じて使えるといいですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com