Ray

「感ける」はなんて読む?かんけるとは読みません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「感ける」はなんて読む?かんけるとは読みません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「感ける」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「感ける」は何て読む?

「感」は、感想や感覚など「かん」と読むことが多い漢字ですよね。

しかし、感けるをかんけると読むのは間違いです。

さて、「感ける」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「かまける」でした!

感けるは、「ネコに感けて宿題がおろそかになる」というように用いられ、あることに気を取られて、他のことを放ってしまうという意味。

かまけるは「怠ける」という言葉と間違って使われることが多いです。

例えば「仕事にかまけて飲み会を断った」という使い方は間違いで、感けるに怠けるや言い訳にするという意味はないので注意しましょう。

また、「感ける」は万葉集にも出てくるほど、古くからある言葉なんですよ!

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com