Ray

【論う】はなんて読む?「ろんう」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【論う】はなんて読む?「ろんう」ではありません!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「論う」は何て読む?

論は音読みでロンと読み、異論や議論という熟語を作れます。しかし、論に「う」が付く場合は「ろんう」とは読みません。表外読みなので、少し難しいかも。

いったい、「論う」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「あげつらう」でした!

論うは、些細な非を大げさに言うことや物事の理非、可否を論じ立てること。「昔の失敗を掘り起こして論う上司は嫌いだ」のような使い方をします。

人の欠点を論うような人はあまり好感を持たれないので、そんな人にならないよう注意したいですね。

また、論うを後者の意味で使用する際は「各部門を招集してさまざまな意見を論う」のような文を作ることもできます。この場合、論じ合うや話し合うと言い換えることも可能です。

文脈次第で意味が少し変わってくるので、上手に使い分けましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事