Ray

「杮落とし」は何て読む?「かきおとし」じゃありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「杮落とし」は何て読む?「かきおとし」じゃありません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「杮落とし」は何て読む?

秋の味覚のひとつ、歯ごたえがあって甘くみずみずしい柿。

昔話の「さるかに合戦」にも登場するその柿ではないんです。漢字をよく見てくださいね。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「こけらおとし」でした!

柿と書いて、「こけら」と読みます。

実は、「柿(かき)」と「柿(こけら)」は似て非なる漢字なんです!

同じ漢字だと思うのも無理もありません。

かきとこけらは、あまりに似過ぎているため使用するフォントによっては見分けがつかないくらいなんです。

厳密には、かきは「木」に市場の「市」。

そしてこけらはというと、「市」の縦棒が1本で突き抜けています。

かきだと信じてコピペしたものが実はこけらだった、なんてことのないよう注意しましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事