Ray

事実!10代後半から老化は始まっている【20代からのプレエイジングケア】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
事実!10代後半から老化は始まっている【20代からのプレエイジングケア】
シワやシミ、たるみが気になりだしてから、エイジングケアするのは遅すぎる!? 20代に入ると、健康だった肌も少しずつダメージを受け、放っておくと取り返しのつかないことに……! そうなる前に正しいケアをして、将来のための美肌貯金しておきましょう♪
目次
  1. アプリを使ってシュミレーション
  2. 肌をほぐしてやわらかくしてくれる『オルビス』の「オフクリーム」

Check! 【事実!】10代後半から細胞は減少!

もうすでに、老化は始まってるといっても過言ではないんです。

今回教えてくださったのは…
松倉クリニック&メディカルスパ
田路めぐみ先生
多忙な臨床病院で形成外科チーフを歴任。患者さんの状態やニーズに合わせた柔軟な治療法が特徴。

Topic そもそも"エイジング=老化"とは?

主に細胞が酸化や糖化によって数が減ったり、機能が低下し衰えること

酸化とは、紫外線や抗酸化力の低下により、活性酸素が活発になって生じる「さび」のこと。一方、糖化は血糖値が高くなったり、肌づくりの土台となるたんぱく質が劣化することで生じる「こげ」のこと。いずれも肌の老化を加速させ、シワやシミ、たるみなど、「老化現象」の原因につながってきます。つまり、早い段階での対処が重要なんです。

Topic いつから老化は始まる?

10代後半を境に様々な数値は降下。25才から目に見えた変化が出現

新陳代謝が一番活発なのは18才くらいまで。この年令を過ぎると、代謝は減少傾向になり、乾燥度も進み、肌老化が始まります。ただし、すぐには肌表面に変化が見られず、違和感を感じるのは20代後半になってから。20代の今のうちから肌ケアをしておくことで、のちの肌老化の進行に大きな差がつくことに!

Topic 肌悩みがあらわれてもあとでケアすれば大丈夫?

老化は戻りません!ただし、遅らせることは可能

活性酸素を軽減させると、老化をおだやかにすることはできます。年間を通した紫外線カットはもちろん、過食、肥満、睡眠や運動不足などを解消することで、健康的な肌をキープすることができます。これらの項目に1つでもあてはまるものがある人は、スキンケアと同時に生活習慣の改善を今スグ見直し。



グラフは、「スキンケアをまめにしている女性」を対象に年令ごとの水分量を調査したもの。加齢とともに水分量は低下するが、スキンケアを継続的に行うことで下降度はおだやかに。(提供/コーセー)

Topic "エイジング"によって肌にもたらされる症状とは?

シミ・シワ・たるみが大きな変化。近年はスマホ世代による老化の恐れも!

一番早く出てくる症状は、目尻などに生じる小ジワ。やがて30代後半からほうれい線が刻まれ、紫外線を最も強く浴びるほお骨付近にシミがチラホラ。毛穴が拡大し、筋肉量も落ち、顔全体にたるみが生じます。また、水分を保つ力も弱まり、乾燥が進行。そのため肌バリアもくずれ、トラブルが多く出始めます。



シミ
紫外線を浴び続けた肌はメラニンが排出されず、皮膚内部に蓄積。数年後にはこんなシミが出現!?



シワ
紫外線ダメージだけでなく、肌内部の水分量が減ると深いシワに。シワの軽減にはまず保湿が重要!



たるみ
毛穴開きによる肌の下垂や筋肉量の低下だけでなく、肌内部のコラーゲンとエラスチンの減少が主な要因。

Topic 同じ年でも若く見える人とそうでない人との差が出るのはなぜ?

個人差もあるけど、老化の原因には種類があるから!

老化を引き起こす原因は1つだけではありません。複合的にまざり合うことで、老化はさらに加速。原因をいくつも抱えている人ほど、老け顔になってしまう危険性は高いのです。老け顔にならないためには、その原因を少しでも軽減させること。そのためにも、原因を知り、傾向と対策をしっかり予習しておくべし!

原因1加齢
年令を重ねることで、肌の構成に欠かせないコラーゲンやエラスチンが減少します。こればっかりは食い止めることができませんのでエイジングケアで少しでも遅らせる努力を。

原因2光老化
主に紫外線によるダメージのことをさします。紫外線に含まれるUVBは多量のメラニンを生成させ、シミの原因に。UV-Aは真皮層に影響を与え、弾力低下やシワを発生させます。

原因3環境・ストレス
実は外的環境やストレスが、肌に最も影響するといわれています。ストレスを感じると、活性酸素が活発になり、ダメージを修復する機能を喪失。老化を大幅に加速させる恐れも。

原因4炎症老化
近年注目を集めているのが、肌内部で起こる微小炎症。見た目こそわからないものの、肌内部で細胞の老化を引き起こすといわれています。深刻化する前に抗炎症ケアをすること。

これらが組み合わさって、様々なタイミングで老化現象があらわれる!

Check!

だから…早めのエイジング予防、"プレエイジング"が必要!

これらの知識をまとめると、様々な老化現象は、もうすでに始まっていることが判明! 老化なんてまだ先と思わず、表面化する前の肌ケアこそが重要なのです。「すでに兆候が見られるかも……」と落ち込んでいる人も大丈夫! 20代の肌はやり直しが効くので、今からケアすればちゃんと美肌をキープできます。

More!

アプリを使ってシュミレーション



今回使ったのはこのアプリ
「健康第一」
年令と身長、体重を入力するだけで、数年後の自分の顔がシュミレーションできるアプリ。手軽にできることもあって、70万ダウンロードを突破! ©第一生命「健康第一」

肌をほぐしてやわらかくしてくれる『オルビス』の「オフクリーム」

オフクリーム
オフクリーム 100g(ボトル入り) ¥2,530(税込)/オルビス

『オルビス』の「オフクリーム」は、汚れだけを見極めてメイクをオフしてくれるクレンジングアイテム。うるおいを奪うことなく、しっとり肌を保ちながら使えるとオルビスでも人気の商品です。

ヒアルロン酸Naとセラミドネットワーク成分(※)を配合し、うるおい環境を整えてくれる効果も!肌をほぐしてやわらかくしながらスキンケアを受け入れやすい肌に整えてくれます。

ウォータープルーフやまつエクにも使えるのはもちろん、無香料・無着色なのも◎。

一日頑張ってくれた肌に感謝の気持ちを込めて、心までほぐれるような極上のメイクオフ体験をぜひ体験してみてください。

※ 肌表面にうるおいを抱え込む膜をつくる保湿成分

▶商品はこちら

モデル/今野舞(プリ♥クラ・学習院大学3年) 取材・文/三輪順子

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com