Ray

情緒不安定な女性への接し方 │治し方や症状が出る原因、落ち着く方法をご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
情緒不安定な女性への接し方 │治し方や症状が出る原因、落ち着く方法をご紹介
女性が情緒不安定になるのは、ストレスやホルモンバランスの変化が原因です。情緒不安定な女性と接する際は、アドバイスすることを避けて話に共感してあげたり、そっとそばにいてあげたりするようにしましょう。今回は、情緒不安定になりやすい女性の特徴や治し方を紹介します。
目次
  1. 情緒不安定な女性にあらわれる主な症状5つ
  2. 女性が情緒不安定になる6つの原因
  3. 情緒不安定になりやすい女性の特徴4つ
  4. 情緒不安定になるのは病気?治し方4つ
  5. 情緒不安定な女性に対する2つの接し方とパニックが落ち着く方法
  6. 情緒不安定な女性はめんどくさい?男性から見た印象
  7. 彼氏必見!情緒不安定な彼女と上手く向き合う方法5つ
  8. 情緒不安定になる原因を理解して、上手に向き合っていきましょう

情緒不安定な女性にあらわれる主な症状5つ

情緒不安定な女性にあらわれる症状は以下の5つです。    

  1. 急に涙が出て泣く
  2. 急に悲しくなるなど気分が落ち込む
  3. 理由もなくイライラする
  4. 食欲が増えたりなくなったりする
  5. 眠れなくなったり、朝起きれなくなったりする

もちろん症状の有無や大きさには個人差がありますが、上記に1つでも当てはまっていたら、「今は情緒不安定になっているのかも」と自分のことを気にかけてみてください。

女性が情緒不安定になる6つの原因

女性が情緒不安定になる原因は以下の6つです。

  1. 睡眠不足や疲労の蓄積
  2. 生理などによるホルモンバランスの変化
  3. アルコール・カフェインの過剰摂取
  4. 人間関係や生活環境の変化によるストレス
  5. 恋愛によるストレス
  6. 精神疾患の一症状

それぞれ詳しくご紹介します。

1.睡眠不足や疲労の蓄積

仕事や家事などに追われて睡眠不足になったり、疲労が蓄積したりすると、心が休まらず情緒不安定になることがあります。

「最近ちょっと疲れているな」と感じたら、心身ともに休ませてリラックスできる時間をつくることが大切です。

2.生理などによるホルモンバランスの変化

ホルモンバランスが乱れると情緒不安定になることがあります。

女性は、生理前になるとイライラしたり、体調が優れなかったりする人が少なくないでしょう。普段通りの生活をしているだけなのに、いつもの自分と違うと感じたときは、ホルモンバランスが関係しているかもしれません。

 3.アルコール・カフェインの過剰摂取

アルコールやカフェインを過剰に摂取すると、自律神経の乱れや睡眠妨害につながり、情緒不安定になることがあります。

自分で飲みすぎていないと思っていても、体には大きな負担となっている可能性があります。摂取量はほどほどにするよう心掛けましょう。

4.人間関係や生活環境の変化によるストレス

転校や引っ越し、転職などによって人間関係や環境が変化するのも情緒不安定になる原因です。

新しい人間関係や環境は慣れるまでに時間がかかるため、精神的なダメージが大きいもの。

環境が変化すると、親しい友人や家族、恋人になかなか会えなくなってしまうことで、ストレスが溜まってしまうケースもあるでしょう。

5.恋愛によるストレス

彼氏や気になる男性との関係が上手くいかないのも、情緒不安定になってしまう原因の一つです。

「彼氏からの返信が遅い」「浮気をしているかも」など、彼から愛されていないのかもしれないという不安を感じると、情緒不安定に陥ってしまう女性が少なくないはず。

彼と会っているときは精神が安定していても、一人になった途端にネガティブになってしまう可能性があるでしょう。

気持ちが不安定だけど身の回りの人に打ち明けにくい時に相談先として大活躍するのが「電話占い」です。

▼彼はどう思ってる?「電話占い」なら彼の気持ちが分かるかも!コチラの記事をチェック

「彼の気持ちがわからなくてずっとモヤモヤしている」「彼とのことを考えていると不安で涙が出てくる」など人によって悩みは様々ですが、お悩み別に占い師を選べば的確なアドバイスをもらえるでしょう。鬱々としていた気持ちがスッキリし、心がパッと晴れるはずです!

自分と相性のいい占い師に相談したい場合は、占い師の性格から選ぶのもおすすめ。まるで親しい人に話を聞いてもらっているような感覚になれるかもしれません。

 6.精神疾患の一症状

情緒不安定になるのは、精神疾患の症状の一つである可能性があります。

うつ病やパニック障害、自律神経失調症などの症状を持っている場合、気分の浮き沈みが激しくなると言われています。

情緒不安定になりやすい女性の特徴4つ

気持ちの起伏の激しさに悩む女性

情緒不安定になりやすい女性の特徴は以下の4つです。

  1. ネガティブ思考
  2. 感受性が豊かで繊細
  3. 自分に自信がない
  4. 寂しがり屋

それぞれ詳しくご紹介します。

1.ネガティブ思考

ネガティブ思考な女性は、不安を抱えやすいため情緒不安定になりやすいもの。

「自分はダメだ」と思ったり、人の好意に裏があるのではないかと疑ったりするなど、物事をマイナスに捉えがちだと、心に大きな負担をかけてしまうでしょう。

 2.感受性が豊かで繊細

感受性が豊かで繊細な人は、周りの人の感情の変化にすぐに気づいてしまいます。他人の意見や顔色が気になってしまうとストレスが溜まりやすく、情緒不安定になりやすいと言えるでしょう。

3.コンプレックスを気にしがちで自分に自信がない

コンプレックスを気にしがちで自分に自信が持てないのも、情緒不安定になりやすい女性の特徴です。自分に自信がないと、常に不安な気持ちで過ごしてしまい、精神的な負担が大きいためです。

自信がないと劣等感を感じやすいため、嫌なことを言われたりするなどといった直接的な出来事がなくても、ストレスを溜め込んでしまうかもしれません。

4.寂しがり屋

寂しがり屋なのも、情緒不安定になりやすい女性の特徴の一つです。誰かがそばにいないと不安を感じやすく、1人になるとついネガティブな考え事をしてしまいがちなためです。

寂しがり屋の女性の中には、誰かとつながっていたいという気持ちから、SNSを頻繁に更新する人が少なくないでしょう。共感してもらうことで、寂しさを解消しようとしているのかもしれません。

情緒不安定になるのは病気?治し方4つ

情緒不安定であること自体は病気ではありません。適切な方法でケアすれば、改善できる可能性が十分にあります。

情緒不安定になることを治す主な方法は以下の4つです。

  1. 自分に合った方法でストレスを発散する
  2. 規則的な生活習慣を心がける
  3. セルフモニタリングをする
  4. 適度に運動をする

それぞれ詳しくご紹介します。

1.自分に合った方法でストレスを発散する

ストレスが溜まったら発散しないと、心に余裕がなくなってきます。

「気分が晴れないな」なんてときは、自分の好きなものを食べたり、きれいな景色を見に行ったりするなど、自分の好きなことを思いっきりするとよいでしょう。

ストレスを発散して気持ちがスッキリすることで、情緒が安定するはずです。

2.規則的な生活習慣を心掛けて自律神経を整える

規則正しい生活を送って自律神経を整えると、心身への負担が減り、気持ちが安定するでしょう。

なるべく毎日同じリズムで生活するようにし、バランスの取れた食事と十分な睡眠を心掛けてください。

3.セルフモニタリングをする

セルフモニタリングとは、自分自身の心の状態を記録していくこと。

「どんな日に気分が落ち込みやすいのか」ということをカレンダーに記録すれば、気分が落ち込みやすい日を事前に把握できます。

そうすることで、何か対策を練ったり、気分の落ち込みに備えたりできるため、自分の情緒をコントロールしやすいでしょう。

4.適度に運動をする

適度に運動すると、嫌なことを忘れて集中できるため、情緒が安定するでしょう。

汗を流せば、身も心もスッキリしてストレスがなくなるはず。適度に身体が疲れるとぐっすり眠れるため、健康を保つという面でも効果的です。

情緒不安定な女性に対する2つの接し方とパニックが落ち着く方法

情緒不安定な女性には、しっかり向き合ってあげることが大切です。接し方としてふさわしいのは、以下の2つです。

  1. 話に共感しつつ、アドバイスをしない
  2. ストレスの発散に付き合う

併せて、情緒不安定な女性がパニックを起こしたときに落ち着く方法もご紹介します。

1.話に共感しつつアドバイスをしない

情緒不安定な女性と接する際にまず大切なのは、話を聞いて共感してあげること。目を見て、時々相槌を打ちながらリラックスできる雰囲気を作ると、女性の心が安らぐでしょう。

このとき、決してアドバイスをしないように注意してください。相手のためになると思って言ったつもりでも、かえって怒らせてしまうかもしれません。

アドバイスがほしいわけではなく、話を聞いてほしいだけであることが多いことを覚えておきましょう。

 2.ストレスの発散に付き合う

ストレスの発散に付き合ってあげるのも、情緒不安定な女性と接する方法の一つです。散歩をしたり、一緒に遊んだりしてあげることで、気が紛れて楽になる可能性があります。

嫌なことを思い出させないようにするため、楽しい話をしてあげるのも良いでしょう。

【パニックを起こした場合】そっとそばにいてあげる

情緒不安定な女性がパニックを起こしたときは、何もせずそっとそばにいてあげるようにしましょう。

物事を冷静に考えられない状態であることが多いため、なるべく刺激を与えないように心がけてください。静かに寄り添うことで、心を落ち着かせてあげましょう。

情緒不安定な女性はめんどくさい?男性から見た印象

彼女をなだめる彼氏

男性の中には、情緒不安定な女性に対して「気を遣わないといけなくてめんどくさい」「急に怒ったり泣いたりと、感情に振り回されて疲れる」といったマイナスの印象を抱く人がいるでしょう。あまりにも感情の起伏が激しいと、ただのわがままだと思われてしまう場合があるようです。

一方で、放っておけない雰囲気がむしろ男性からモテる場合もあります。

男性は、か弱い女性をみると、守ってあげたいと思うもの。「めんどくさい」と思われない程度に男性を頼ってみるのもいいかもしれません。

彼氏必見!情緒不安定な彼女と上手く向き合う方法5つ

彼女が情緒不安定になりがちである場合、上手く向き合う方法は以下の5つです。

  1. LINEや電話を放置しない
  2. 落ち着かせる言葉をかけてあげる
  3. 些細な変化を見逃さずに褒める
  4. 明るくポジティブに接する
  5. 自分軸の生活を崩さないようにする

それぞれ詳しくご紹介します。

 1.LINEや電話を放置しない

情緒不安定な彼女からの電話やLINEは、長時間放置せずに返してあげましょう。彼氏から連絡が返ってこないと彼女は不安になりますが、マメに連絡があれば心が落ち着くはずです。

ただし、時には返信が遅くなることや、連絡が取れない日があるかもしれません。そんなときは、前もって彼女に伝えておくと、返信がない理由がわかるため安心させられるでしょう。

2.不安な気持ちを落ち着かせる言葉をかけてあげる

情緒不安定な彼女には常に「大丈夫だよ」「話聞くよ」「無理しないでね」など優しい言葉をかけてあげてください。

自分のことを気にしてくれていることがわかれば、愛されていることに安心して心が落ち着くでしょう。

3.些細な変化を見逃さず褒める

情緒不安定な彼女と上手く向き合うためには、ネイルや髪型など、些細な変化を見逃さず褒めてあげましょう。

彼氏が自分の変化に気付いてくれないと、「自分は愛されていない」と捉えて不安な気持ちになってしまうかもしれません。

また、情緒不安定な女性は、自分に自信がない人が多いもの。褒めてあげることで、自信に繋がるはずです。

4.明るくポジティブに接する

人間は、一緒にいる人のオーラを感じ取ってしまうものです。あなたがマイナスな気持ちだと相手もマイナスな気持ちになります。

そのため、情緒不安定な彼女と向き合うためには、彼女を元気づけるためにも明るくポジティブに接してください。あなたの明るさにつられて、彼女も前向きになってくれるかもしれません。

5.自分軸の生活を崩さないようにする

情緒不安定な彼女と向き合うためであっても、自分軸の生活を崩してはいけません。彼女にペースに合わせすぎると、あなたまで心や体の健康にも支障が出てしまう可能性があります。

どちらかが我慢をしなければいけないのは、カップルとして良い関係を築けているとは言えません。相手を気遣う気持ちは素敵ですが、自分の生活もきちんと大切にしましょう。

情緒不安定になる原因を理解して、上手に向き合っていきましょう

女性が情緒不安定になるときは原因をきちんと理解し、自分に合った方法でストレスを発散したり、事前に対策を練ったりするなどして上手に向き合うことが大切です。

周りに情緒不安定な女性がいる場合は、なるべく明るくポジティブに接し、そっと寄り添ってあげましょう。

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com