Ray

膣圧の確かめ方と締まりを良くする膣圧トレーニング(膣トレ)の方法

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
膣圧の確かめ方と締まりを良くする膣圧トレーニング(膣トレ)の方法
セックスでイケない人、必見!膣圧は膣圧トレーニング(膣トレ)で骨盤底筋を鍛えれば改善できます。この記事では膣トレの方法や自分できる膣圧の測り方もご紹介。今日から自分磨きをする感覚で膣トレを始めてみませんか?
この記事の監修者

東京ブランシェクリニック 医師 鈴木三奈

美容外科、美容皮膚科医として13年の実績があり、多くの女性より支持されている。女性の悩みに寄り添いながら的確なアドバイスと確かな技術力にて信頼できる医師として活躍している。

CONTENTS
  1. 「膣圧」に自信ありますか?ボディケアについてのアンケート
  2. 膣圧トレーニング(膣トレ)に興味はありますか?ボディケアについてのアンケート
  3. そもそも「膣圧」とは?
  4. 膣圧トレーニング(膣トレ)で骨盤底筋を鍛える4つのメリット
  5. 膣の締め方
  6. 自分で膣圧を測る2つの方法
  7. 脱ガバガバ!膣の締まりを良くする膣圧トレーニングのやり方

▼セックスでイケないのは膣がユルんでいる証拠?!今すぐ膣圧をチェック!

膣トレ

「膣圧」に自信ありますか?ボディケアについてのアンケート

【女性に質問】「膣圧」に自信ありますか?

はい ... 43.6%
いいえ ... 56.4%

【女性に質問】「膣圧」に自信ありますか?


©︎ラブリサーチ

ラブリサーチが女性を対象に行った「膣圧に自信ありますか?」というアンケートによると、「いいえ」と答えた人が過半数を占める結果となりました。一般的には、膣の締まり(あそこの締まり)に自信のない女性の方が多いと言えそう。

「いいえ(自信がない)」と答えた人のコメントをピックアップしてみると「彼にもっと締めてと言われた」、「彼がなかなかイってくれない」など、セックス中に何か不満があり、それが自信の喪失につながっているようです。

つまり、言い換えれば、膣圧(あそこ)を鍛えることで彼とのセックスの満足度も上がるということ!

さらに女性側も膣内でオーガズムを感じれる膣イキ(中イキ)にも近づけるはず。

では、どうしたら膣圧を高めることができるのでしょうか?
その答えの一つが、数年前から注目を集めている「膣圧トレーニング(膣トレ)」です。

▼男性はつるつるのVIOが好き!?医療脱毛について詳しく知りたい人はこちら

膣圧トレーニング(膣トレ)に興味はありますか?ボディケアについてのアンケート

【女性に質問】膣圧トレーニング(膣トレ)に興味はありますか?

ある ... 91.5%
ない ... 3.9%
「膣トレ」が何か知らない ... 4.6%

【女性に質問】膣圧トレーニング(膣トレ)に興味はありますか?


©︎ラブリサーチ

ラブリサーチの「膣圧トレーニング(膣トレ)に興味はありますか?」というアンケートによると、90%以上の女性が「(膣トレに興味が)ある」という結果になりました。

ここからは 膣圧の基本はもちろんのこと、膣圧の測り方、膣圧を鍛えることのメリット、さらには膣圧を鍛える具体的な方法についてご紹介していきます。

膣圧を鍛えたい人、締まりを良くしたい人、膣イキ(中イキ)したい人は必見です♡

▼セックスでイケない人はこちらも記事もチェック

そもそも「膣圧」とは?

「膣圧(ちつあつ)」とは、骨盤底筋という筋肉の収縮で膣内にかかる圧力のこと。

骨盤底筋は、骨盤の底部を覆う筋肉の集合体であり、膀胱、子宮、直腸などの臓器を支え、排尿や排便をコントロールする役割を果たします。

膣圧は、セックスの時に膣でペニスを締めつける強さに深く関係しています。

膣圧トレーニング(膣トレ)で骨盤底筋を鍛える4つのメリット

膣圧を鍛える(=骨盤底筋を鍛える)ことのメリットは、大きく分けて以下の4つ。

  • 締まりが良くなるため彼が喜ぶ
  • 感度が上がり、セックスで膣イキ(中イキ)しやすくなる
  • 姿勢が良くなる&ダイエットに繋がる
  • 尿漏れを防止したり経血のコントロールができることも

ひとつずつ詳しくご紹介します!

メリット1:締りが良くなるため彼が喜ぶ

膣圧トレーニング(膣トレ)で骨盤底筋を鍛える1番のメリットは、膣の締まりが良くなることで、男性は挿入中の気持ちよさが倍増すること。

膣トレを通じて自在に膣を締めることができるようになるので、締め付けられた男性は「キツイ……」とメロメロになってしまうようです。

膣圧をコントロールできるようになって彼をトリコにしてみましょう♡

メリット2:感度が上がり、セックスで膣イキ(中イキ)しやすくなる

膣トレをすることで膣イキ(中イキ)ができるようになったという女性もいるようです。

膣トレをすると下半身の血流が良くなり、体液の分泌が活発になって濡れやすい体質に変わります。濡れやすくなると、愛撫の時や挿入時に快感を感じやすくなるでしょう。

膣内でのオーガズムを感じられないという女性でも、膣トレを行うことで感度がよくなり解消できる可能性が高まります♡

膣トレをしても中イキが難しい人は、膣の開発をするトレーニング方法を試してみて

膣トレをしても中イキができないのは、膣内の開発不足が原因かもしれません。膣内の開発をすることにより、中でイキやすい体を作れるでしょう。

女性には膣の入口から4cmほどの場所(お腹側)にGスポットという性感帯があると言われています。

自分の指や、アイテムを使ったオナニーでGスポットを開発することで、中でイキやすい体を作ることができます。ゆくゆくは潮吹きで彼を喜ばせることができるかもしれません。

届いた日から始められるGスポット開発セットで、膣の感度を高めよう♡

Gスポット開発セット

すぐ使えるGスポット開発スターターセット  ¥5,900 (税込)/LC ラブコスメ

必要なものが全て揃う、バイブ、ローション、バイブ用コンドームの3点セット。「Gスポットの見つけ方・中イキのやり方」の実践動画もついているので、Gスポットの位置がわからないという人も安心です。

バイブは、先端がGスポットに当たりやすくなっており、気持ちいいと思うところを探しやすい人気のアイテム!気持ちよくGスポットを磨いて、中で感じやすい体を目指しましょう。

▼商品について詳しくチェック!

LCラブコスメ

▼膣の開発方法はこちら

メリット3:姿勢が良くなる&ダイエットに繋がる

膣トレを行うことで体幹が鍛えられるため、姿勢改善やダイエットにもつながります!

実際に取り組んでいただければわかることですが、膣トレをしていると膣内がピクッと動くはず。

この動きはインナーマッスルを鍛えるために行う体幹トレーニングと同じ効果があるため、筋肉がついて姿勢が良くなるだけでなく、基礎代謝があがってダイエットにも繋がると言われているのです。

メリット4:尿漏れを防止したり経血のコントロールができることも

出産を経験した女性は、骨盤底筋の損傷が原因で尿漏れを起こしやすくなりますが、これも膣トレで骨盤底筋を鍛えることで解消されるといいます。

また、生理中に経血がドバッと一気に出てしまうことがある方も、骨盤底筋を鍛えることでコントロールができるようになるようです。

▼初心者さんが使いやすい膣トレグッズが勢ぞろい♡詳しくはコチラをチェック!

膣の締め方

膣圧を鍛えたり自分で調整するには、膣の締め方について知ることが大切です!

膣を締める感覚がわからない場合は、肛門に力を入れると膣が締まります。また、おしっこの途中で意識的に止め、巻き戻す感覚を覚えると膣を締めやすいです。

しかし、セックスに集中しながら意識して膣を締めることは難しいですよね。

結論として、セックスの間ずっと膣を締め続ける必要はありません。なぜなら男性は、ペニスを引きもどした時に膣が締まっていることで、快感を感じると言われているためです。

挿入中の膣の締め方を詳しくご紹介します。

    挿入中の膣の締め方
    1. 膣の入り口付近でペニスを出し入れする
    2. 奥深く挿入する。深く挿入すると、女性はペニスを捕まえようと無意識のうちに
    3. 膣を締めることができる
    4. 細かいスパンで1と2を数回繰り返す

初めから上手に膣を締めることは難しいですが、浅い挿入と深い挿入を繰り返すことで、ペニスを引きもどした時に膣を締める感覚がわかります。焦らずに何度も経験を重ね、彼を喜ばせる締め方を覚えましょう!

自分で膣圧を測る2つの方法

自宅で膣圧を測る方法は以下の2つです。

  • 膣圧測定器(計測器)を使う
  • 自分の指で測る

市販の膣圧測定器を使うと結果が数値で分かるため、客観的な評価を知りたい人におすすめ。

自分の指で測る方法は、その場ですぐに調べられるのが魅力!測り方は以下のとおりです。

    自分の指で膣圧を測る方法
    1. 体育座りのポーズで、膝を軽く曲げて体をリラックスする
    2. 膣の中に、人差し指と中指の2本を第2関節まで入れる
    3. その指を少し開くと同時に、膣をギュッと締める

膣が濡れた状態の方が、指がスムーズに入るため、お風呂の中で行うのがおすすめです。

手順3でギュッと締めた時に感じる「膣の締まり具合」が膣圧の目安です。以下のように「膣圧レベル」を5段階で評価してみましょう!

    膣圧のレベル
  • レベル1:ほとんど収縮が感じられない
  • レベル2:膣の動きはあるが、収縮としては感じられない
  • レベル3:指に抵抗を加えなくても、膣がギュッとする
  • レベル4:抵抗を加えた指に反抗するように、膣を締めることができる
  • レベル5:指をギュッと吸い込むように、力強く膣を締めつけられる

一般的に、レベル3以上であれば、膣圧に問題がないと言われています。

セックス時に、男性のペニスを十分に締めることができ、女性側も膣イキ(中イキ)がしやすいでしょう。また、日常生活を送るうえで、尿漏れなどの心配もありません。

レベル3以下だった場合は少し注意。膣圧トレーニング(膣トレ)をして、骨盤底筋を鍛えることをおすすめします!

脱ガバガバ!膣の締まりを良くする膣圧トレーニングのやり方

膣圧を高めて締まりを良くする膣トレの方法は、以下の5つです。

  • 立ち姿勢と座り姿勢を正す
  • ケーゲル体操
  • スクワット
  • ヨガ&ピラティス
  • 膣トレグッズを膣に入れる

それぞれ詳しくご説明します。

膣圧向上トレーニング方法(1)姿勢を正す

締まりのいい膣を作るには、正しい姿勢をキープしましょう!立ち姿勢と座り姿勢のポイントは以下のとおり。

    膣圧を高める立ち姿勢のポイント
  • お腹とお尻に力を入れて、背筋をピンと伸ばす
  • 肛門を締め、頭のてっぺんを糸で引っ張られるイメージを持つ

意識しなくてもいい姿勢を保てるように、朝と夜の2回、鏡の前で自分の姿勢を確認してみましょう!

    膣圧を高める座り姿勢のポイント
  • 太ももと背筋がL字になるように座る

長時間のデスクワークが多い人は、座る姿勢にも注意しましょう!脚を組んだり、前かがみになってしまう人は、骨盤を支えるインナーマッスルが弱っている可能性が高いです。

膣圧向上トレーニング方法(2)ケーゲル体操に取り組む

肛門や膣を締めたり、緩めたりすることで、骨盤底筋群を鍛えられます。

今回は、比較的簡単に取り組めて、セクシー女優の皆さんも実践している「ケーゲル体操」をご紹介します。

    ケーゲル体操のやり方
  • 仰向けになり、両ひざをこぶし1個分離して立てる
  • 全身の力を抜き、【肛門→膣→尿道】の順番でギューッと締め付けるように力を入れる

このとき、お尻でティッシュをつかむようなイメージを持ちましょう。余計なところに力を入れずに、尿道・膣・肛門の三箇所を同じぐらいの強さで締めたり、緩めたりできるようになることを目標にしましょう。

1日5分でもいいので、朝起きた時や寝る前に続けてみてください。

<呼吸法>

膣トレは、息を吐くときに締めて、息を吸う時に緩めるのがポイント。

骨盤底筋は腹筋の一つである腹横筋という横腹の筋肉も支えています。ここは骨盤底筋と連動して動く筋肉で、息を吐いたときに力が入りやすくなります。

息をした時のお腹の動きにあわせて膣や肛門を締めると、効果的に骨盤底筋を鍛えることができるのです!

コツをつかめるまでは横になった姿勢で、リラックスして行いましょう! 

また、慣れてきたら立った状態でも骨盤底筋トレーニングを行うこともできます。

立った状態でできるようになれば、オフィスや電車の中でも気軽に「ながらトレーニング」ができるようになりますよ♪

膣圧向上トレーニング(3):スクワットをする

スクワットは下半身をまんべんなく鍛えるエクササイズ。毎日続けていると、ヒップラインやウエストラインが引き締まるうえに、膣圧アップが期待できます!

誰でも気軽にできる全身運動ですが、意外と間違ったやり方をしている人も多いもの。ここで今一度、スクワットの正しいやり方をご紹介します。

    正しいスクワットの方法
  • 足を肩幅に開いて立つ
  • 息を吸いながら、腕を肩の高さまであげる
  • 息を吐きながら、ひざをゆっくりと曲げ、20秒キープする(※膝がつま先よりも前に出ないよう注意する)
  • ゆっくり息を吸いながら元の姿勢に戻る
  • 2~4を1日10回を目安に行う

トレーニングを行うときは、内ももと女性器周辺に意識を向けると、より膣圧アップに期待ができるはず♡

膣圧向上トレーニング(4):ヨガ&ピラティスを行う

体の奥深くにある筋肉に意識を向ける、ヨガやピラティスは、骨盤底筋を鍛えるのに最適です。

実際、ヨガを始めたらセックスの感度がよくなったという話もあります。インナーマッスルを鍛えて感じる体を手に入れましょう!

ここでは、お家でも簡単にできるヨガのポーズを2つご紹介します。

<下向き犬のポーズ(ダウンドッグ)>

下向き犬のポーズは、全身で「へ」の字を作るようなヨガです。両手両脚だけで体を支えることで全身の筋肉が鍛えられ、また、腰椎や骨盤のゆがみも解消できます。

やり方は以下を参考にしてください。

  1. 四つん這いの状態になって、両手と両脚を肩幅に開く
  2. その状態からお尻を天井のほうに引き上げるようにする
  3. ひじとひざをしっかりと伸ばしていく床につけます
  4. 息を吐きながら背筋と脚の裏側を伸ばす
  5. 30秒間、その姿勢をキープする

<橋のポーズ(ハーフブリッジ)>

橋のポーズは、仰向けの状態で「へ」の字を作るヨガです。お尻を持ち上げるため、お尻の引き締め効果が期待できるほか、骨盤底筋なども鍛えることができます。それではやり方を見てみましょう。

  1. 仰向けになり両脚を軽く開く
  2. 膝は立たせて腰幅くらいまで広げておく
  3. 膝とかかとの角度が直角(90度)になるよう調整する
  4. 両手は腰の横に置いておき、床を押すようにする
  5. 両肩で床を押すようにして、胸を開く
  6. へそを高くするように意識して持ち上げる
  7. 息を整えつつ、30秒間その姿勢をキープする

アイテムを使った膣トレもおすすめ!デリケートゾーン専用パック&インナーボール

膣トレ初めてセット

膣トレはじめてセット ¥5,861(税込)  /LC ラブコスメ

  • 彼がイッてくれない
  • 中イキできない
  • お風呂に入るとお湯が中に入ってくるようになった
  • あそこの臭いが気になる

などのお悩みは、膣ケア&エクササイズができる「LCジャムウ・デリケートパック」と「LCインナーボール」のお得なセットで解決しましょう!

「LCジャムウ・デリケートパック」はデリケートゾーン専用のパック。
毎日のお風呂タイムで、臭いの元やデリケートゾーンに付着したおりものを洗い流し、肌をキュッと引き締めてくれます。

お風呂から上がった後は「LCインナーボール」の出番!
「LCインナーボール」は骨盤底筋をふくむインナーマッスルを鍛える膣トレアイテムです。

実際に使った人からは「今までで一番気持ちいいセックスが出来ました」「淡白な彼がずっと『気持ちいい』と……」などの嬉しいクチコミが寄せられています♡

素材には医療用のシリコンを使用。日本人女性に合わせた安心設計のため、つるんとスムーズに挿入できちゃいます!

「LCインナーボール」の使い方

  1. 力を抜いてインナーボールを膣内に挿入する(初めは1つ、馴れたら2つに)
  2. ボールを入れた状態で下腹部に力を入れて締め付ける

膣トレ時間は1日10〜15分でOK!
テレビやスマホを見ながら気軽に「中イキ力」アップが目指せますよ♡

そんな「LCインナーボール」は何度も洗って使えるから、とても経済的。

「アダルトグッズをネットで買ったら宅配業者や同居人にバレないか心配……」という方はご安心ください。配送時は商品名や差出人がわからないように手配されますよ♡

膣トレは気になった時がはじめどき。
このタイミングで「膣トレはじめてセット」をゲットして、憧れの中イキを経験しちゃいましょう!

▼今すぐ膣トレをはじめて彼を喜ばせる!

膣トレ

取材協力/ラブリサーチ

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com