Ray

バドミントン一筋だった女子大生がモデルライバーへ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
バドミントン一筋だった女子大生がモデルライバーへ
滋賀美少女図鑑に所属しているライバー、いろはさん。現在、大学3年生のいろはさんが、このタイミングでライバーとしての活動をはじめた理由、そして、その活動の中で感じたこと、得た物についてのお話を聞きました。
目次
  1. バドミントンを引退したタイミングでライバーに
  2. 応援してくれる人がいるということが、自信につながった
  3. みんなに愛されるライバーになりたい

Profile

ニックネーム:いろは
生年月日:2000年03月09日
ミクチャ歴:1ヶ月
将来の夢:人に影響を与えられる人になりたい

Twitter:@Iroirooooo
Instagram:@iro_3939
TikTok:@irooooo_chan
ミクチャ:いろは👗🏰#滋賀美少女図鑑

\ミクチャに興味がある方はこちら/
国内最大級のライブ配信アプリ「ミクチャ」では
たくさんのライバーが活躍し、夢を叶えています。
 ✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨
               

バドミントンを引退したタイミングでライバーに

いろはさんが、ライバーとして活動をすることになったきっかけを教えてください。

SNSのDMに連絡をいただいて、滋賀の美少女図鑑に参加することになったのがきっかけです。

私は、小学生の頃からバドミントン一筋の人生を送ってきて、大学でもバドミントンが中心の生活をしていました。

その間にも、何度かライブ配信のお誘いをいただいたことがあったのですがずっとお断りしていました。今回、ライバーに挑戦してみようと思ったのは、ちょうど部活を引退したタイミングでお声がけいただいたからです。

バドミントンに集中していたときから、ライブ配信自体には興味があったのでしょうか?

ライブ配信をやりたいとか、やろうという気持ちはなかったです。ただ、美少女図鑑に参加するならミクチャの特典がつくので、それならやってみようかなと思いました。

実際に、ライブ配信をやってみてどうでしたか?

最初は、慣れていなくていろいろバタバタしましたが、数日で応援してくれる方が増えました。

1ヶ月経たないうちに、リスナーさんの中からマネージャーをしてくれるという方が3人もいらっしゃって…。たくさんの方がお応援してくれているということを感じて嬉しかったです。

いろはさんにとって、リスナーさんの存在はどんなものですか?

すごく大切な存在です。一度、12時間ライブ配信をやったときに、最初から最後まで見ていてくれたリスナーさんが数人いて。すごく大変なことなのもわかるし、それだけ私に寄り添ってくれているということなので、感謝の気持ちでいっぱいでした。

その配信は、5,000人ほどの方が見てくださって、「がんばれ!がんばれ!」とコメントで応援してもらえたことがモチベ―ションになりました。

普段、ミクチャではどんなライブ配信をしていますか?

雑談配信が多いです。リスナーさんが面白いコメントをして、私を笑わせてくれるんです。

リスナーさんに振られたネタを全力でやったり、自らネタを披露したりすることもあるんですが、そのときは必ず滑っています(笑)。

私は、夜のライブ配信がメインなので、すっぴんでやることがほとんどなんです。その代わり、昼間にライブ配信ができるときはメイク配信や、買ったお洋服を見てもらったりする企画的なものもやっています。

応援してくれる人がいるということが、自信につながった

"ライブ配信ならでは"のスペシャルな経験はありましたか?  

リスナーさんの中にカメラマンさんがたくさんいるので、写真を撮ってもらう機会が増えました。オーディション用の写真も、リスナーさんに撮っていただいた写真なんです。

ファッションショーに出たときも、写真を撮ってくれたリスナーさんがいました。

私にとってすごく大切な瞬間をきれいに写してくれる方との出会いは、ライブ配信でのスペシャルな経験です。

ファッションショーで、実際にランウェイを歩くという経験はいろはさんにとってどんな経験になりましたか?

ランウェイを歩くというのはこれまでやってきたこととは全く違う経験でした。

ウォーキングを一から教えてもらったんですけど、練習はすごく難しくて大変で、「二度とやりたくない……」という気持ちになったこともあります。

でも、実際にランウェイを歩いたら、想像以上に感動して、やって良かったと思いました。ステージに立ったことでわかること、感じられるものがあるんですね。

ライバーとして活動をはじめたことで、いろはさんがスキルアップしたと感じるところはありますか?

もともと人と話すのは好きでしたが、さらにコミュニケーション能力がアップし、精神力も鍛えられたと思います。あとは、いろんな人の立場で物事を考えられるようになりました。

私の話を聞いて、全く違う受け止め方、反応をする方がいます。なので、多くの人に発信するライバーという立場を意識しながらライブ配信ができるようになりました。

ライバーとして活動する中で感じた“ミクチャの魅力”ってどんなところですか?              

多くの人と繋がれるところが一番の魅力だと思います。ミクチャは、ライバーさんもリスナーさんも優しくて、みんなでつながっている感じがすごく落ち着くんです。

あと、いろんなイベントがあるのがすごく魅力的。夢がある人にとっては、夢を叶えるチャンスがたくさんあると思います。

ライバーとしての活動をはじめて二ヶ月ほどですが、この間でどんな変化がありましたか?

自分のことを応援してくれる人がいるということが、こんなにも自信につながるんだということを知りました。

最初は、顔が見えない人たちに向かって何を発信したらいいんだろうという不安や抵抗感があったんです。今は、そんな不安を感じていたことが嘘みたいに、ライブ配信を楽しんでいます。

ライバーになると生活リズムが崩れるという話も聞いていたんですが、暇さえあればライブ配信をやろう!という活動的なタイプなので、私自身の生活リズムが崩れることはなかったです。

空いた時間にうまくライブ配信の時間を確保するようにしています。

いろはさんにとって、「ライブ配信」とは?

自己表現ができる場所です。そのおかげで、ライブ配信をするようになって友達が増えました。実際に会ったことはないけれど、お互いのライブ配信を見に行ったりします。


オンライン上で、人とこんな風につながれるものなんだなぁと今の時代にすごく合っているなと思います。

みんなに愛されるライバーになりたい

部活は引退されたということですが、大学生活とライバー、さらにアルバイトもされていて時間を作るのは大変ではないですか?

実は、部活をやっていたときからアルバイトを3つ掛け持ちしているんです。

なので、この忙しさには慣れています。良いか悪いかは別として、暇になるのが苦手で、予定がないと何かやることを探してしまうんです。

来年の春からは社会人になると思いますが、お仕事をはじめてもライバーとして活動できそうですね。

美少女図鑑に参加している人の中には、仕事と両立されている方も多いと聞きました。

まだ、就職先が決まっていないので、副業がOKなのかとか、そもそも仕事をしながらライブ配信をする時間が確保できるのか……とか、未知な部分が多いです。でも、できれば就職した後もライバーとしての活動は続けていきたいと思っています。

いろはさんの将来の夢はなんですか?

具体的な夢はまだないのですが、人に影響を与えられる人になりたいです。

私のライブ配信を見て、元気になったり、明るくなったりする人がいるようなライバーを目指したいと思っています。

これからライバーを目指す人たちに、先輩ライバーであるいろはさんからメッセージを送るとしたら?

最初は抵抗を感じたり、はじめるのも勇気が必要だったりしますが、勇気を出して飛び込んでみると、楽しくて、応援してくれている人がたくさんいることに気づけます。

自分に自信を持てるようになってすごく成長できるので、ぜひ挑戦してみてください。もちろん、イベントに参加して特典を目指すなら、顔出しをしたほうが感情は伝わりますが、顔出しすることに不安があるなら、ミクチャのラジオ配信からはじめてみるという方法もあります。

ガチイベに参加しなくても、ライブ配信をして商品がもらえるイベントがあったりするので、自分にあった楽しみ方を見つけるのもライバーとしての楽しみ方のひとつだと思います。

「誰も見に来てくれないかも」と心配かも知れませんが、続けていれば誰かは来てくれるので、まずは挑戦してみてください!

いろはさんは、これからどんなライバーをめざしていきますか?

美少女図鑑で1番になるのは難しいかもしれないけれど、可能な限り上を目指していきたいです。

ライブ配信をはじめたころから応援してくれているファンの方のためにも、みんなに愛されるライバーになりたいなと思います。

小学生のころから続けてきたバドミントンを辞めたタイミングでライブ配信をスタートしたいろはさん。ライブ配信の中で出会ったリスナーさん、ライバー仲間の人たちと交流する中で、バドミントン以外の楽しみや生き方を経験している様子が伝わってきました。今後の活躍に注目です!


\ミクチャに興味がある方はこちら/
国内最大級のライブ配信アプリ「ミクチャ」では
たくさんのライバーが活躍し、夢を叶えています。
 ✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨


あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com