初体験が痛いのは当たり前⁉エッチを「気持ちいい」と感じるまでの3ステップ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
初体験が痛いのは当たり前⁉エッチを「気持ちいい」と感じるまでの3ステップ
彼との初体験(初エッチ)。楽しみにしていたはずなのに、痛いだけで良い思い出にならなかったってコも多いのでは? その後、彼とエッチをしても「気持ちよくない」、「痛いからエッチしたくない」など、ラブタイムそのものが憂鬱で嫌な行為になってしまうコも。では、彼とのエッチが気持ちいいと感じるためにはどうすればいいの?

念願だった彼との初体験。
あんなに楽しみにしていたはずなのに、良い思い出にならなかった...。

というコも多いのではないでしょうか。

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

【女性に質問】エッチを気持ちいいと感じたのは何回目からですか?

最初から  ... 22.8%
2回目    ... 12.3%
3~5回目 ... 41.2%
それ以上 ... 23.7%

©ラブリサーチ

アンケートの結果で1番多かった回答が「3~5回目」の41.2%、次に「それ以上」の23.7%でした。

Voice

【みんなの声】初体験から何回目のエッチで気持ちいいと感じた?

『最初から』『2回目』はコメント数も少なく、コメントが多かった『3回~5回目』『それ以上』の中からピックアップしてみました!

『3回~5回目』と答えたコのコメント

・「慣れてきて堪能できる余裕ができたから」
・「最初は緊張していて、行為自体に集中できなかったし、恥ずかしくてどこが気持ちいいのかも言えなかったから」
・「慣れないうちは恐怖心が強くて、痛みばかり感じていたから」
・「初体験の時はドキドキ感はあったけど、挿入されると少し痛くて終わってしまいました。4回目にホテルでお泊りした夜、疲れてたこともあったのですが、力を抜いた状態で。エッチってこんなに気持ちいいのだとわかりました。今はエッチをすると必ずイクように」

『それ以上』と答えたコのコメント

・「最初のうちは緊張もしてるし、痛いのが勝ってた」
・「1人エッチをしたこともなく、始めのうちはくすぐったいだとかしか感じなくて嫌だなと思っていた。彼がそれなりに経験豊富で、優しくしてくれたけど、それでも慣れるまで時間がかかった」
・「最初は痛みばかりだったので、気持ちいいとはとても思えませんでした。ある日、このままだと夜が苦痛だと思ったので、旅行の時を狙ってお酒と潤滑ゼリーの力を借りて、自分も動いてみようと思ったら、とても気持ちよくなりました」

初体験で痛いのは当たり前!女性が気持ちいと感じるには時間必要

女性がエッチを気持ちいいと感じるまでには、男性に比べて時間が必要と言われています。潤滑油である愛液が緊張によって分泌されにくい、そもそも膣が何かを挿入されてる感覚に不慣れなために力んでしまっている、などの理由が考えられます。

では女性が気持ちいいと感じるラブタイムを過ごすためにはどうしたらいい?
今回は、エッチを気持ちいいと感じるための3ステップを紹介します♡

Pick up01

リラックスできる環境を整える

緊張や力みはストレスと感じているサインです。ストレスを感じないような環境をつくることで、徐々に緊張もほぐれていきます。
耳から緊張をほぐすなら、リラックス効果の高い音楽をチョイス♫ 触感から緊張をほぐすなら、彼に緊張していることを伝えて、時間をかけてゆっくりと愛撫してもらいましょう。

男性だって初体験は緊張のど真ん中です!
女性から「緊張してるの...」と告白されたら、自分だけではないという安心感が生まれて、お互いの緊張をほぐす手段にもなります♡

Pick up02

プレ初体験を済ませておく

触られる感覚に慣れていないことも、気持ち良さへの妨げに! 彼との初体験を迎える前に、陰部を触られるとはどんな感覚で、どんな気持ちになるのか、知っておきましょう。

筆者のオススメは、ひとりエッチで『プレ初体験』を済ませておくこと♡ エッチしたことで得られる快感や気持ちを先に知ることで、気持ちに余裕ができます! 余裕ができた分、意識を彼に向けられるようにも♡

Pick up03

円滑ゼリーやラブローションを使ってみよう

回数を重ねれば緊張もほぐれ、愛液も分泌してくるようになります。しかし、それまでの過程で感じた痛みが憂鬱だと感じれば、ラブタイムそのものが、嫌な行為と位置づけられてしまう可能性も!

そうなる前に、滑りを助長してくれる『潤滑ゼリーやジェル』や『ラブローション』を使うのも、ひとつの方法です。「痛い」→「慣れてきて愛液が十分に分泌される」→「エッチが気持ちよくなる」の順番を守ることは、絶対ではありません!

「潤滑ゼリーを使い、滑りをよくして痛みを和らげる」→「エッチが気持ちいいと知る」→「愛液が十分に分泌される」→「痛くなくなる」。こんな風に順番が入れ替わっても、なんの問題もないのです‼ 大切なのは、彼とのエッチが気持ちいいと知ること。


緊張以外にももうひとつ、気持ち良さを妨げるものがあります。それは痛みです。痛みは怖さになり、怖いと感じれば拒否するのは、当然の心理。
彼との気持ちのいいラブタイムを過ごせるようになるまで、たくさんのハードルを超えなければなりません。それは大変なことですが、ゴールは確実にあります! そして、ゴールしたときには、間違いなく楽しくて気持ちがいいラブタイムが待っています♡ 諦めずにひとつづつ、ハードルを超えてくださいね♪


【取材協力/ラブリサーチ】

RELATED

関連する記事