Ray

乳首だけでイク体に!チクニーで気持ち良くなる方法と乳首開発のやり方をご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
乳首だけでイク体に!チクニーで気持ち良くなる方法と乳首開発のやり方をご紹介
乳首だけでイクためには、正しい方法でチクニ―をして乳首を開発する必要があります。チクニ―するときは、リラックスして優しく乳首を愛撫することが大切です。ここではチクニ―で気持ちよくなる方法と乳首の開発方法をご紹介します。
目次
  1. 乳首でイクとは
  2. 乳首でイクときの感覚は?
  3. 乳首でイク条件は2つ
  4. チクニーが大事?乳首でイクための開発方法は4つ
  5. 乳首を開発するときの注意点は4つ
  6. 乳首でイケる体になるには開発が大事!

乳首でイクとは

乳首でイクとは、乳首への刺激だけで絶頂をむかえることです。

そもそも「イク」は、脳が一定量以上の快感を与えられたときに起こる現象。

性感帯を刺激することで脳が快感を感じ、オーガズムへとつながっていきます。

 乳首はクリトリスやGスポットと同じように女性にとって重要な性感帯。

乳首にはパチニ小体とマイスネル小体という感覚神経が存在しており、これらが刺激されることで脳は快感を感じるとされています。

ただ、乳首はクリトリスと比べると皮膚が分厚く、快感を感じるためには開発が必要です。

実際に乳首でイッたことがある女性は少ないかもしれません。

しかし、乳首の感度を上げられるように正しく開発すれば誰でもイケるようになるでしょう。

▼セックスの時にムダ毛が生えていたら男性に幻滅されちゃうかも……!医療脱毛クリニックで美肌を目指そう♡

乳首でイクときの感覚は?

乳首でイクときの感覚は人によって異なります。

しかし、体の内側から込み上げてくるような大きな快感を感じる人が多いようです。

特に以下の2つのような感覚を味わっている人が多いでしょう。

  • 乳首でイクと爆発するような快感が得られる
  • クリトリスでイクよりも気持ち良い

それぞれ詳しくご紹介します。

乳首でイクと爆発するような快感が得られる

乳首でイクと爆発するような快感が得られます。

乳首でイクときの特徴としては、クリトリスに比べると興奮が冷めにくく、イッたあとも快感がしばらく続くことが挙げられます。

体が砕けて頭がとろけるように感じられ、なかには絶頂の瞬間は息ができず声が出ないという人も。

ただし、ほかの性感帯と同様に刺激の仕方でイクときの感覚は変わるようです。

クリトリスでイクよりも気持ち良い

乳首でオーガズムを感じたときの感覚は、クリトリスでイクよりも気持ち良いと感じる方が多いようです。

クリトリスでイッたときは、体の表面だけで快感が感じられます。

一方で、乳首でイッたときの快感は体の内側から大きな波が押しよせてくるように感じるのだそう。

また、クリトリスの場合は一度イクとそのあと連続でイクのは難しいと言われますが、乳首の場合は連続してイクことができるので、得られる快感が大きいと感じるのです。

ですが、乳首でのオーガズムは他の性感帯と比べて個人差が大きいところがあるので、人によって感じ方は異なるでしょう。

▼吸引バイブで乳首を愛撫してみるのもおすすめ♡流行りの「#吸うやつ」も!

乳首でイク条件は2つ

乳首でイクためには、まず乳首の感度を上げる必要があります。

乳首の感度を上げるためには、精神的快楽と肉体的快楽を満たさなければいけません。

この2つの快楽を満たして、乳首でイクための条件は以下の2つです。

  • 1.脳内を興奮状態にする
  • 2.身体を乳首の刺激に敏感な状態にする

それぞれ詳しくご紹介します。

1.脳内を興奮状態にする

乳首でイクためには、まず脳内を興奮状態にして精神的快楽を満たしましょう。

乳首に限ったことではありませんが、女性が気持ち良くなるには、心理状態が大きく影響する傾向があります。

脳内が興奮していない状態では、どれだけ乳首を刺激してもイクことはできません。

そのため、脳内を興奮状態にするには、男性にじっくり愛撫してもらったり、エッチな気分になれるシチュエーションを妄想したりする方法がおすすめです。

男性にも協力してもらいながら、自分が一番興奮する状態で乳首を刺激してもらいましょう。

▼横乳を撫でるように触ると乳首イキしやすくなる!こちらの記事をチェック

2.身体を乳首の刺激に敏感な状態にする

肉体的快楽を満たすために、身体を乳首の刺激に敏感な状態にしましょう。

特に、乳首の表面をかるく刺激しながら少しずつ感度を上げていく方法がおすすめです。乳首が開発されていない状態では、仮に強い刺激を与えたとしても気持ち良さは感じにくいでしょう。

しかし、軽い刺激を続けることで少しずつ乳首が開発されていきます。

男性にやさしく舐めてもらったり自分でそっと刺激したりしながら、乳首で感じられる身体を目指しましょう。

乳首でイクには開発が大切!バスト用ローター「ピンクラブカップ」

ピンクラブカップ

ピンクラブカップ 1個 ¥2,908(税込)/LCラブコスメ

「乳首であんまり感じない……」「彼の乳首責めで気持ちよくなりたい」そんな人には「ピンクラブカップ」を使ったチクニーがおすすめです。

「ピンクラブカップ」は3段階の振動を体感できるバスト用ローター!じわじわとした振動で、愛撫されている感覚が味わえます。

実際に「乳首では感じなかったのに感じるようになった!」「胸イキできるようになった」という口コミが多数寄せられています!「ピンクラブカップ」を使えば乳首イキできるようになっちゃうかも♡

乳首の感度アップだけでなく、バストケアやバストマッサージとしても使えます。持っているだけでテンションが上がるかわいらしいピンクカラーも嬉しいポイント!

ちなみに、「アダルトグッズをネットで買うと宅配業者や家族にバレるのが心配……」という心配はご無用!「ピンクラブカップ」は中身がわからない梱包で配送されるだけでなく、コンビニ受け取りもできちゃいます!

開発をして乳首イキできる体を目指しましょう!

▼「ピンクラブカップ」を詳しくチェックする!

LC

▼乳首でイクにはおもちゃを使った愛撫もおすすめ!詳しいやり方はこちらの記事をチェック

チクニーが大事?乳首でイクための開発方法は4つ

乳首でイク条件がわかったところで、次は実際に乳首を開発しましょう。乳首を開発するためにはチクニ―がおすすめです。

チクニ―は乳首とオナニーを組み合わせた言葉で、乳首を愛撫してオナニーすることを指します。

正しい方法でチクニ―をすれば乳首でイキやすい体が作れるでしょう。乳首でイクための開発方法は以下の4つです。

  • 1.リラックスできる雰囲気を作る
  • 2.衣服の上から爪で乳首を刺激する
  • 3.乳首で感じると念じる
  • 4.乳首と同時に他の部位も触る


それぞれ詳しくご紹介します。

1.リラックスできる雰囲気を作る

乳首を開発するときは、リラックスした雰囲気を作ることが大切です。

女性はリラックスした状態のほうがオーガズムを感じやすい傾向があります。

チクニ―するときはリラックス効果のあるアロマを使ってみたり、電気を消して暗くしてみたりと自分にとってリラックスできる雰囲気を作ることを意識してみてください

男性とセックスする場合は、「乳首でイカなきゃ!」と身構えず「イケたらラッキー!」「また次がある!」くらいの気持ちで、リラックスしてセックスにのぞみましょう。

2.衣服の上から爪で乳首を刺激する

チクニ―するときは、衣服の上から爪で乳首を刺激するのがポイントです。

直接乳首を触ると摩擦によって痛みを感じる場合がありますが、衣服の上から触ることで刺激を抑えることができます。

また、あえて衣服の上から刺激することで、布の質感が感じられ乳首が勃ちやすくなる効果が期待できるでしょう。

男性とセックスするときも、衣服の上から愛撫してもらうことで興奮度が高まります。

しかし、人によっては衣服の上からだと刺激が弱すぎると感じるかもしれません。

その場合は、指ではなく爪で優しくひっかくように刺激することでほどよい刺激が感じられるでしょう。

▼乳首のオナニーの気持ちいいやり方を詳しくチェック!

3.乳首で感じると念じる

乳首を開発するためには「乳首で感じるんだ」と念じることも大切です。

乳首で感じると思うことができれば、乳首への刺激を快感として認識しやすくなります。

逆に「乳首ではイケないかも……」という思いがあると、乳首でイケる可能性が低くなるでしょう。

そのため、男性に乳首を愛撫してもらうときも「乳首は気持ちいい!」「もっと気持ちよくなりたい!」と念じれば、乳首でイク可能性が高まりますよ。

4.乳首と同時に他の部位も触る

乳首を開発するときは、乳首と同時にほかの部位を触るとイキやすくなるとされています。

乳首と子宮の神経はつながっているので、乳首だけでは感じられない人もクリトリスや膣などと同時に刺激することで、乳首で感じられることがあるのです。

最初は他の性感帯でイッていたとしても、次第に乳首でイク感覚がつかめるかもしれません。

男性とセックスする場合は、膣に挿入した状態で乳首を愛撫してもらったり、クリトリスを愛撫しながら乳首を触ってもらったりすることで、徐々に乳首が開発されていくでしょう。

▼おもちゃを使ったチクニーもおすすめ!詳しくはこちらの記事をチェック

乳首を開発するときの注意点は4つ

乳首を開発するときは、より乳首でイキやすくしたり乳首を傷付けたりしないために気をつけたいポイントがあります。

乳首を開発するときの注意点は以下の4つです。

  • 1.気分が乗らないときは無理をしない
  • 2.力を加減して触る
  • 3.一定期間、毎日続けるのが大事
  • 4.やりすぎると乳首が濃く大きくなる可能性あり


それぞれ詳しくご紹介します。

1.気分が乗らないときは無理をしない

気分が乗らないときは無理をしてはいけません。

気分が乗らないときに無理に乳首を刺激しても、快感は得られず場合によっては痛みを感じることがあります。

特に生理前は、乳首を触られることに抵抗があったり痛みを感じたりする人が多いよう。

そのため、気分が乗らないときは無理をせず、自分の状態に合わせてチクニ―するようにしてください。

男性とセックスするときも同様です。気分が乗らないのであれば相手に正直に気持ちを伝えて、自分がチャレンジしたいと思えるまで待ってもらいましょう。

2.力を加減して触る

乳首を開発するときは力加減に注意しましょう。

力加減を間違えると乳首でイケなくなることはもちろん、乳首に痛みを感じて触ることに苦手意識が覚える可能性があります。

特に最初は、乳首に触れるか触れないか程度の優しい触り方で刺激するように意識してください。

乳首が勃ってくると力を入れたくなりますが、優しくそーっと触ることを忘れてはいけません。

セックスする際も、男性に優しく愛撫してもらえるようお願いしましょう。

万が一痛みを感じたときは男性にしっかり伝え、自分が気持ち良いと思う方法で愛撫してもらうことが大切ですよ。

3.一定期間、毎日続けるのが大事

乳首を開発するためには、乳首への刺激を一定期間毎日続けることが大事です。

人間が新しい刺激を受け入れるには、2週間から1ヵ月程度の期間が必要とされています。

最初は気持ち良さが感じられなかったとしても、2週間くらい経つと乳首が敏感になるのを実感できるはず。毎日根気よく乳首への刺激を続けましょう。

また、乳首が開発されていないうちは、男性に触られてもくすぐったいとしか感じられないかもしれません。

しかし、焦らずにじっくり乳首を刺激してもらうと次第に敏感になり、気持ち良さを感じられるようになるでしょう。

4.やりすぎると乳首が濃く大きくなる可能性あり

乳首を刺激しすぎると、乳首が濃くなったり大きくなったりする可能性があります。

乳首が黒ずむ原因は、メラニン色素です。

乳首が継続的に刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られ、乳首が黒ずむのです。

また、乳首を強くつまんだり乳頭を伸ばしたりすると、一時的に乳首が大きくなることがあります。

チクニ―するにしても男性に愛撫してもらうにしても、乳首を刺激しすぎないように気をつけましょう。

また、実際に乳首の色や大きさが変化して、気になっている人がいるかもしれません。

しかし、乳首の大きさの変化については一時的なものであることが多く、数日経つと元の大きさに戻る場合がほとんどです。必要以上に心配しないようにしましょう。

乳首の色が気になる場合は乳首ケアアイテムを使ってケアするのがおすすめですよ。

くすみ(※1)ケアして愛され乳首へ♡バストトップ専用クリーム「Sym’Clear(シムデクリア)」

Sym’Clear

Sym’Clear(シムデクリア)15g ¥5,390(税込)/株式会社CLEMO

「乳首の色が濃くて彼とのセックスに前向きになれない」「彼にバレることなくケアしたい」そんな人には「Sym’Clear(シムデクリア)」を使った乳首ケアがおすすめです。

「Sym’Clear(シムデクリア)」はハイドロキノンを超える「S377」(※2)を配合したバストトップ専用くすみ(※1)ケアクリーム!使い続けることで、愛され乳首になれちゃうかも♡

「Sym’Clear(シムデクリア)」は、剥がす・抑える・整えるをすべて叶えた3ステップケアが可能。角質をケアしながらたっぷり保湿し、クリアな乳首のための土台を作ってくれるんです♡

アルガンオイルやシアバター、マンゴー種子油といった3種の植物オイル配合もうれしいポイント!

「デリケートな部分だから使うのが心配……」という心配はご無用!「Sym’Clear(シムデクリア)は、鉱物油・合成着色料・合成香料・パラベン・アルコール・合成界面活性剤が入っていません!ノンケミカル処方なので、さまざまな肌タイプの人が使えますよ♡

▼Sym’Clear(シムデクリア)を詳しくチェックする!

※1 汚れや感想、古い角質による
※2 フェニルエチルレゾルシノール(整肌)

乳首でイケる体になるには開発が大事!

乳首でイッたことがある女性は少ないかもしれません。

しかし、乳首を正しい方法で開発できれば誰でもイケる体になれるでしょう。

まずは、チクニ―で乳首を開発して、自分の快感の幅を広げてみてくださいね。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com