Ray

「閾値」はなんて読む?覚えておきたい常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「閾値」はなんて読む?覚えておきたい常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「閾値」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

一見難しそうな言葉ですが、生物の授業で習った人もいると思います。覚えておきたい常識漢字です。

いったいなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「いきち」です。

「閾値」は、「生物がある反応を引き起こすのに必要な、最小限の値」という意味です。

「閾値」は工学分野では「しきいち」とも読みます。

わかりやすく言い換えると、「境目、区切り、境界」といった意味合いを含む言葉です。

ある刺激を送ったとき、その量が閾値より下だと反応は起きませんが、上の量を与えると反応が起きます。

閾値を英語で言い換えると「limit」なので、「限界の値という意味なんだな」と覚えておくと良いですよ。

元は生物の用語ですが、日常的に見かけることが多い言葉なので覚えておきましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com