Ray

【茗荷】はなんて読む?独特の香りがおいしい薬味

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【茗荷】はなんて読む?独特の香りがおいしい薬味
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「茗荷」はなんて読む?

「名」ならともかく、「茗」の字は見慣れませんね。

「荷」は「荷物」などに使われる漢字ですが、今回の読み方は「に」ではありません。

いったい、なんと読むのかわかりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「みょうが」でした!

茗荷はショウガ科の植物で、花が出る前の花穂や、若芽の部分を食用にします。

花穂を「花みょうが」、若芽を「みょうがたけ」と呼びますが、単に「みょうが」というときは花みょうがを指すことが一般的です。

シャキシャキした食感と独特の香りがあっておいしい茗荷。昔から言われる俗信には、茗荷を多く食べると物忘れをする、という話もあります。

ですが、現代ではそんなことはないと分かっていますので、たくさん食べても安心ですよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com