Ray

【音呼】はなんて読む?ペットでも飼うことがある鳥の名前です!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【音呼】はなんて読む?ペットでも飼うことがある鳥の名前です!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「音呼」はなんて読む?

音楽の「音」に「呼ぶ」という漢字をあわせたこの言葉。

ある鳥の名前を表しているのですが、いったい「音呼」はなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「インコ」でした!

音呼(インコ)はオウム目の鳥の総称を指します。くちばしが鉤形に曲がり、羽色が鮮やかな色彩が特徴的ですよね。

熱帯地方に広く分布し、セキセイインコ、コンゴウインコ、ダルマインコなど、数多くの種類が生息しているよう。

また、音呼(インコ)のなかには人間の言葉をまねして話せる鳥がいます。

特に飼い主の言葉をまねすることが多く親しみやすいので、ペットとしても人気があるんだそう。

このように親しみのある鳥なのに、漢字表記は意外と知られていないことがあります。この機会にぜひ漢字表記も覚えてくださいね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com