Ray

【軋轢】はなんて読む?ビジネスシーンでも見かける常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【軋轢】はなんて読む?ビジネスシーンでも見かける常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「軋轢」はなんて読む?

軋轢とは難しい漢字ですが、ビジネスシーンなどでも見かけることがあるかもしれません。

いったい、「軋轢」はなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「あつれき」でした!

意味は、車輪のきしること、葛藤が生じること、仲が悪くなることです。

例えば、勘違いでふたりの間に軋轢が生じた、話しあいで軋轢を解消することができた、などと使うそう。

また、軋は訓読みで軋む(きしむ)、轢は訓読みで轢く(ひく)と読めます。

新しく熟語を覚える際には、それぞれの漢字の訓読みも一緒に覚えておくと、熟語の意味が把握しやすくなりますよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com