Ray

【急度】はなんて読む?知っているのに読めない常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【急度】はなんて読む?知っているのに読めない常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「急度」はなんて読む?

急を示す漢字と、時や角度の単位に使われる度という漢字。

どちらも日常生活でよく使われる漢字ですが、2つあわせるとなんと読むでしょうか。

きゅうどではありませんよ。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「きっと」でした!

急度は、確かにや必ず、表情が厳しいさま、状態に緩みがないさまを表す言葉です。

例えば、あの人は急度来てくれる、急度睨んだなどと用います。

日常生活ではよく聞く言葉なのに、漢字表記は知らなかったという方が、なかにはいるのではないでしょうか。

基本的にはひらがなで書かれますが、漢字表記は「屹度」のほうが一般的です。

屹という漢字には、険しいという意味があるので、厳しい表情を表す際に使われるのも納得ですよね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com