Ray

【公魚】はなんて読む?焼いて食べると美味しい魚を表す難読漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【公魚】はなんて読む?焼いて食べると美味しい魚を表す難読漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「公魚」はなんて読む?

公も魚も小学校で習う、馴染みのある漢字ですよね。

焼いて食べるとおいしい魚の名前なのですが、いったい「公魚」はなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ワカサギ」です!

公魚は体が細長く、側面と腹面が銀白色なのが特徴。

湖や沼に生息するので、冬の氷上の穴釣りをする人が多い魚です。

特に初秋から早春までワカサギ釣りを楽しむことができます。釣って竹串に刺し、焼いて食べることが多いんだとか!

同じ読み方で意味をもつ漢字に「若鷺」「鰙」もあるので、あわせて覚えておきましょう!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com