Ray

「香魚」はなんて読む?香り高い魚といえばこの魚!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「香魚」はなんて読む?香り高い魚といえばこの魚!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「香魚」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「香魚」は何て読む?

香魚は、香りも味も良い高級魚です。

ふっくらと焼き上げることができる「塩釜焼き」が有名ですね!

さて、「香魚」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、あゆでした!

香魚は、「こうぎょ」と読むこともでき、サケ目アユ科の淡水魚です。

主に石についた苔を食べているため、魚臭くなくスイカのような香りがするのだとか!

また、川や海などを回遊することから、「清流の女王」とも呼ばれていますよ。

あゆは1文字で「鮎」と書かれることも多いです。

鮎に「占」の字が使われているのは、神功皇后が鮎釣りで戦いの勝敗を占っていたからという説があります。

美味しいだけでなく、縁起もいい魚なんですね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com