Ray

「宣う」はなんて読む?聞いたことがある尊敬語!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「宣う」はなんて読む?聞いたことがある尊敬語!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「宣う」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「宣う」は何て読む?

宣という漢字は、宣言や宣伝など、「せん」という読み方で馴染みがありますよね。

では、送り仮名が付くとなんと読むのでしょうか。

ヒントは、尊敬語です。漢字の意味も併せて考えてみましょう。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「のたまう」でした!

宣うとは、「言う」の尊敬語のこと。宣言や宣伝などの意味から、言うという意味までは予想できるかもしれません。

宣うは、昔からある言葉で古文では「宣ふ」と使われています。

ただし、現代では、あえて大げさな尊敬語である宣うを使うことで、相手をからかったり皮肉を込めたりするときに使うことが多いです。

そのため、目上の方への尊敬を表すときは、おっしゃるを用いたほうがよいでしょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com