Ray

「剰え」はなんて読む?ビジネスシーンでも使える難読漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「剰え」はなんて読む?ビジネスシーンでも使える難読漢字
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
CONTENTS
  1. 「剰え」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「剰え」はなんて読む?

必要な数量を越えて多いことを表す、過剰などに使われるこの漢字。

送り仮名をつけると何て読むのでしょうか。

音読みだとじょうと読みますが、「じょうえ」ではありません。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「あまつさえ」でした!

別の物事や状況がさらに加わるという意味やそのうえ、おまけにといった意味。

基本的には悪い状況のときに使われます。

もともとは、余りさへという言葉からきていて、ある基準を数量的に超えることという意味。

ここから読みやすくあまっさえと発音され、近代であまつさえという発音に変化しました。

追い打ちをかけられたときに取り乱さずに失望感を表現できる言葉のため、ビジネスシーンでも使うことができます。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事