Ray

「燥ぐ」はなんて読む?楽しいときに思わずしてしまうこと!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「燥ぐ」はなんて読む?楽しいときに思わずしてしまうこと!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
CONTENTS
  1. 「燥ぐ」って何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「燥ぐ」って何て読む?

火へんに「​​喿 」と書いて、送り仮名をつけると何てよむのでしょうか。

喿という漢字は「そう」と読みますが、そうぐではありません。

楽しいときに思わずしてしまうことです。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「はしゃぐ」です!

木の上のたくさんの鳥が、それぞれ鳴いていてうるさいという様子が、燥のつくりである「喿」の成り立ちです。

この成り立ちから喿は、騒ぐやうるさい、やかましい、せわしないという意味を持ちました。

そこから「燥」は、せわしなく火に当てて乾かすという意味や、騒がしい音を立てて焦げるという意味があります。

そのため、燥ぐも、もとは乾燥やかわくという意味でも使われていたんです。これらのことから、はしゃぐが燥ぐという漢字なのも納得できますね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事