Ray

【踝】はなんて読む?体の部位を表す常識漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【踝】はなんて読む?体の部位を表す常識漢字
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「踝」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「踝」は何て読む?

踝は、体の一部を表している漢字。足へんがついていることがヒントです。

いったい、「踝」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「くるぶし」でした!

踝と呼ぶようになったのは、室町時代ごろ。昔は、でっぱり(粒)が足の節にあることから「つぶふし」と呼んでいました。

音読みでは「カ」と読み、踝跣(カセン)という熟語を作れます。難しい熟語ですが、踝跣は「はだし」という意味。

さらに似ている漢字に踵があり、こちらは「かかと」と読みます。同じ足の部位で漢字も似ているので、踝と踵を間違えないように注意しましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com