Ray

「芳しい」は何て読む?「ほうしい」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「芳しい」は何て読む?「ほうしい」ではありません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知っているとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「芳しい」は何て読む?

香りやにおいを表す芳は「ほう」という読み方がよく知られていますが、「ほうしい」とは読みません。

さて、「芳しい」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「かんばしい」でした!

また、「かぐわしい」とも読みます。

「芳」という文字には、良い香りがするという意味と、評判が良いという意味があるんです。

芳しいは桜の芳しい香りがする、ひきたての珈琲の芳しい香りが鼻をくすぐるというような使い方をします。

さらに、芳しいに似た言葉には「香しい(かぐわしい)」や「馨しい(かぐわしい)」などがありますよ。

その他に芳しいにないをつけて「芳しくない」という使い方もよくします。この場合は、評判がよくないや望ましくないという意味で使うので、注意しましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事