Ray

「百日紅」はなんて読む?可愛らしい花が咲くあの植物なんです!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「百日紅」はなんて読む?可愛らしい花が咲くあの植物なんです!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
CONTENTS
  1. 「百日紅」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「百日紅」は何て読む?

百日紅は漢字検定1級の難読漢字です。

実は、ある植物の名前なのですが、花が咲いている期間が長い事からこの漢字が使われています。

難読漢字なのでもちろん読み方は「ひゃくにちあか」ではなく、想像の斜めを行く読み方をしますよ。

さて、「百日紅」は一体なんと読むのでしょう?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「さるすべり」でした!

猿がすべり落ちてしまうほど、木の幹の表面がツルツルしていることから名付けられられました。名前そのものですね。ピンクや白や紫の可愛らしい花を咲かせます。

花が咲く時期は梅雨明けから9月頃までで、俳句では夏の季語になっています。「サル」という動物の名前が入っていますが、漢字にするとサルっぽさはなくなり、可愛らしい花をイメージしやすくなりますね。

難しい漢字を使っているわけではないけれど、漢字検定一級で出題されるほど難しい読み方をするので覚えておきましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事