Ray

【熱り】って読める?ニュースで聞いたことがあるはず!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【熱り】って読める?ニュースで聞いたことがあるはず!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「熱り」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「熱り」は何て読む?

「熱」や、「熱い」といった日常生活でよく使う漢字。

送り仮名がつくと何て読むのでしょうか。

「ねつり」ではありません。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ほとぼり」でした!

ほとぼりとは、余熱のことや、興奮などのなごりという意味。

よくニュースや小説で、ほとぼりが冷めるという言葉を聞きますよね。

これは、事件や噂に対して、しばらく残っている世間の関心といった意味で使われています。

また、「余熱」と書いて、ほとぼりと読むこともありますが、こちらは前後の文脈から「よねつ」なのか「ほとぼり」なのか、判断してくださいね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com