Ray

「極光」ってなんて読む?読めたらかっこいい難読漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「極光」ってなんて読む?読めたらかっこいい難読漢字
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「極光」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「極光」は何て読む?

光という漢字から、何か輝いているものということが予想できそうですよね。

更に、極めるという漢字もついているので、ちょっとした光の輝きではなく、かなり激しく光っていそうです。

さて、いったい何て読むのでしょうか。

ヒントは、極地と言われる地域で見られる現象です。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「オーロラ」です。

極地で見られる発光現象だから、「極光」という漢字が当てられたそう。

夜空に浮かぶ幻想的な光のカーテンというイメージがあるオーロラですが、漢字では極光と書き、「きょっこう」とそのまま読むこともできます。

このオーロラをはっきり見ることができるのは、北半球でカナダのイエローナイフやアラスカなど。

主にカーテン状のイメージが一般的ですが、実は放射線状やアーチ状など、その形状は3種類あるんです。

一生に一度は見てみたいですよね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com