Ray

「目深」はなんて読む?人間のある動作のこと!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「目深」はなんて読む?人間のある動作のこと!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「目深」ってなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「目深」ってなんて読む?

目は小学1年生、深いは小学3年生で習う常用漢字。目は「め」、深は「ふかい」と1つずつの漢字は簡単に読むことができますね。

この2つの漢字を一緒に使うことで、人間のある動作を示しています。

特に、紫外線が降り注ぐ暑い夏の日のお出かけでは、帽子を「目深」に被っている女性が多いかもしれません。

さて、「目深」は何と読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「まぶか」でした!

まぶかとは、目が隠れるくらいに帽子などを深く被るさまのこと。

辞書や文献によっては「めぶか」と表記されていることもありますが、一般的には「まぶか」と読まれている言葉です。

有名人が周りの人に気づかれないように帽子を被っている場面などでよく使われています。

帽子はラインナップが豊富なファッションアイテム。

麦わら帽子やベレー帽、キャップなど、カジュアルスタイルからエレガントなコーディネートまでおしゃれをより楽しくしてくれます。

今日はあなたのお気に入りの帽子をかぶってどこかへお出かけしてみませんか。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com