Ray

「長閑」を「ちょうかん」と読んだら恥ずかしい!正しい読み方は何?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「長閑」を「ちょうかん」と読んだら恥ずかしい!正しい読み方は何?
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「長閑」ってなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「長閑」ってなんて読む?

「長閑」という言葉の正しい読み方を知っていますか?

長は「ちょう」、閑は時間や間隔の「間」という漢字に似ているため、「ちょうかん」と間違って読む人が多い表現です。

文学作品や古典作品にもたくさん登場している言葉の1つ。

美しい日本語としても有名です。

さて、「長閑」は何と読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「のどか」でした!

長閑とは、「静かに落ち着いているさま」のこと。

のんびりとした人間の様子や穏やかな天気、平穏な日常を表す際によく用いられている言葉です。

近年、仕事のスタイルの変化により、長閑でのんびりとした郊外へ移住。

平日はリモートワークで仕事に集中し、休日は野菜作りやキャンプを楽しむ人たちも増えているようですね。

日々、仕事や勉強などに追われているあなた。時にはフーっと深呼吸。

長閑な景色に癒されて、穏やかな心を取り戻してみましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com