Ray

「諮問」正しく読めますか?見たことはあるけど、読めないと恥ずかしいかも…

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「諮問」正しく読めますか?見たことはあるけど、読めないと恥ずかしいかも…
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「諮問」はなんと読む?
  2. 果たして、正解は?

「諮問」はなんと読む?

「諮問」は少し難しい言葉ですが、読み方は「きょもん」ではありません。

「諮」は中学校、「門」は小学校で習う漢字ですが、なんと読むか分かりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「しもん」でした。

「諮問」は、あることがらに関して、有識者で構成された審議会などのような一定機関に問い、意見を求めること。

「諮る」で「はかる」と読み、これだけで「意見を求める」という意味を持ちます。

「専門委員会に諮問する」というような使い方をしますよ。

ちなみに、諮問を受けた機関が回答したり、回答を提出したりすることは「答申」という言葉を使うことが多いです。

「諮問」と似た意味の言葉としては、「諮詢(しじゅん)」があります。

また、「試問(しもん)」という言葉もあってややこしいのですが、「試問」は、学力や知識などの程度を、問題を出してためすことという意味。

「口頭試問」といったら、試験官の質問に対し、口頭で答えさせる試験のことです。

諮問は、よく知っている人に意見を求めることで、試問は、本当にわかっているかテストすること。

「諮問」の読み方と、「試問」との違いを合わせて覚えておきましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com