Ray

【豆知識クイズ】ハリセンボンの針は1000本じゃないってほんと?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【豆知識クイズ】ハリセンボンの針は1000本じゃないってほんと?
日常生活で使う機会はあまりないけど、知ってるとちょっと自慢できる!今すぐ誰かに教えたくなる【雑学&豆知識】をお届けします。
CONTENTS
  1. ハリセンボンの針の数は何本?
  2. 果たして、正解は?

ハリセンボンの針の数は何本?

ハリセンボンという生き物を知っていますか?ハリセンボンはフグの仲間で、日本にも生息している魚です。体がまるっこく、魚の中ではかわいい見た目をしています。でも、体にはトゲトゲの針がいっぱいで少し危険!

漢字名では「針千本」と書くように多くの針が生えていますが、実は針の数は1000本もありません!それでは、いったい針は何本あるのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「400本前後」です!

個体差は多少ありますが、多くても500本くらい。到底1000本には届きませんね。もし針が1000本あったら、針が多すぎて顔が見えないくらいになっていたでしょう。

ハリセンボンといえば、プクッと膨らんで針をたたせた状態をイメージする人も多いでしょう。しかし、いつもそんな見た目をしているわけではありません。普段は体がしぼんでおり、楕円形のような見た目をしています。針もトゲトゲとたっておらず、体に沿ってペタンとたたまれているのです。

それでは、まんまるに膨らんだ姿を見れるのはいつなのでしょうか?それは、危険を感じた時!体をふくらませることで自分を大きく見せ、相手を威嚇しているのです。さらに針も逆立つので、相手はトゲトゲとした体にさわることもできません。

プクッと膨らんだかわいい見た目は、自分を守るための行動だったんですね。もしこの姿になっていたら警戒されている証拠なので注意が必要です。

ところで、「ハリセンボン」と聞くとある言葉を思い浮かべませんか?「ゆびきりげんまん うそついたら はりせんぼんのます ゆびきった」。この「指切りげんまん」の歌詞を思いついた人が多いのではないでしょうか。

これの「はりせんぼんのます」という部分は、「針を1000本飲ます」という意味ではなく「ハリセンボンを飲ます」という意味だという説もあるのだとか。「針1000本」も十分怖いですが、「ハリセンボン」を飲まされるのも勘弁してほしいですね。

いかがでしたか?

会話のネタにもなる豆知識、家族や友達にもシェアしてみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com