Ray

「海獺」はなんと読む?ヒントは水族館で人気の生き物!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「海獺」はなんと読む?ヒントは水族館で人気の生き物!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
CONTENTS
  1. 「海獺」はなんと読む?

「海獺」はなんと読む?

「海獺」と漢字を見ると、なんとなく海に関係しているのは想像できますよね?読めそうで読めないこの漢字。その正体は、水族館でも大人気の小さな生き物なんです!

さて、なんと読むかわかりましたか?

正解を知りたい方は、もう少しスクロールしてみてくださいね。

正解は……「らっこ」でした!

また、「うみうそ」「うみおそ」とも読むことができます。

「うみうそ」「うみおそ」とはアシカのこと!

「アシカ」はアシカ亜目アシカ科アシカ亜科に属する哺乳類で、「らっこ」はネコ目イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳類。同じ哺乳類の生き物ですが、族種も生き物としても違うものと認識しているのに同じ漢字なんてびっくりですよね?

ちなみに「アシカ」は、「海驢」や「海馬」とも書けるみたい!

みなさん分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com