Ray

「過不足」は「かぶそく」と読みません!読み間違えると恥ずかしい漢字4選

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
「過不足」は「かぶそく」と読みません!読み間違えると恥ずかしい漢字4選
正しいと思っていた漢字、実は読み方が違ったという経験ありませんか?そこで今回は、そんな読み間違いの多い漢字をクイズ形式でご紹介します!皆さんは全部正しく読むことができますか?さっそくチェック!
Check!01

間髪を入れず(意味:隙もなく)

時間的な猶予がないという意味を持つこの言葉。

なんと読むでしょうか?

正解は“かんはつ”

「かんぱつをいれず」と呼んでいた方も多いのではないでしょうか?

実は間髪という熟語は存在しないので、「間に髪の毛一本もはいらないほど即座に」という表現から「かん、はつを入れず」と区切って読みます。

Check!02

他人事(意味:自分に無関係な人)

自分には無関係のことやよそさまのことなどという意味を持つこの言葉。

なんと読むでしょうか?

正解は“ひとごと”

以前は「ひとごと」という言葉にはこの「人事」が使われていましたが、「人事(じんじ)」との区別ができないということで「他人事」という漢字は使われるようになったと言われています。

Check!03

直向き(意味:1つの事だけに心を向が向いていること)

忍耐強く、いちずに打ち込むさまなどを指すこの言葉。

「ちょくむき」?「じかむき」?

なんと読むでしょうか。

正解は“ひたむき”

「直向きな性格」や「直向きな姿勢」などで使われるこの言葉。漢字で書くと意外と読めない人も多いのではないでしょうか?

Check!04

過不足(意味:多すぎること・足りないこと)

ビジネスシーンでも使われるこの言葉。

なんと読むでしょうか?

正解は“かふそく”

「かぶそく」と読んでいた方も多いのではないでしょうか?
〇〇不足という言葉は濁ることが多いですが、この場合には濁らず「かふそく」と読むので覚えておきましょう!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事