【松井愛莉】今まであまり話さなかった、ヤバすぎる「家族愛」とは

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
【松井愛莉】今まであまり話さなかった、ヤバすぎる「家族愛」とは
何に対しても一生懸命で努力家。そして、ちょっぴりドジっコという愛らしい一面も。専属モデルになってから約6年、Rayではいろんな松井愛莉をお届けしてきましたが、彼女の魅力は無限大。私生活から家族など、まだまだ知らない松井愛莉について、深掘りしていきます♡

もっと知りたい! 松井愛莉のこと。

家族愛がヤバすぎるんです

〈愛莉本人〉白シャツ22,000円+税/オットダム(ストックマン) ワイドデニムパンツ8,200円+税/PROPORTION BODY DRESSING サンダル18,000円+税/タラントン by ダイアナ(ダイアナ銀座本店) 〈弟〉すべてスタイリスト私物 〈姉〉ベージュニット5,000円+税/dazzlin ジャンスカ9,800円+税/PROPORTION BODY DRESSING パンプス7,900円+税/RANDA 〈母〉ブラウス5,800円+税/G2?  スカート9,000円+税/dazzlin イヤリング7,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) アンクルシューズ6,900円+税/CAMILLE BIS RANDA 〈父〉カーディガン7,500円+税/サージュブティック Tシャツ8,000円+税/COEL めがね1,500円+税/me%(アダストリア) シューズ13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ銀座本店) パ ンツ/スタイリスト私物

松井家ではお父さん、お母さん、お姉と弟の5人家族。わたしも東京だし、お姉もこっちに出てきてるし、みんながそろうことはなかなかないんだけど、わたしの癒しの場所です。

今年のお正月は、5年ぶりくらいに家族全員がそろったんだけど、みんなで携帯のsnowで写真撮って遊んだりして、すごく楽しかった♡ そうだな〜、家族でそろうときは、基本お姉がずっとしゃべっていて、それにみんなが笑う〜みたいな感じかな。あ、お母さんもけっこうしゃべるか(笑)、で、お父さんと弟は物静か。松井家は、女のほうが強いの(笑)。

小さい頃は、お姉と弟ともケンカばっかりしていて、実はそこまで姉弟仲よくなかったんです。お姉とわたしが弟を「あれとって〜」「これ持ってきて〜」ってパシリ扱いしてたりもしたし。でも、東京に出てきてからかな。いろんな相談とかもするようになったり、今ではすごく仲がいいんです。お姉はこっちに出てきているので、イチバン会ってるかな。わたしの家に泊まりに来たりして、夜遅くまでずっとおしゃべりしてるなんてこともけっこうあるの。お姉には、お仕事のこと、家族のこと、なんでも話しちゃう。会っていないときでも、LINEで頻繁に連絡をとりあっているし。

弟は、昔わたしたちに鍛えられただけあって(笑)、すごく心やさしい男のコに育ってると思う。もうね、今は弟が大好きなんです♡ いつも会ったら抱きついちゃうくらい! 荷物とかさりげなく持ってくれたりするし、本当にやさしすぎてだまされたりしないか心配になるくらい。サッカー少年だから、試合を観に行ったりもするよ。

お母さんやお父さんとは、なかなか会えないけど、連絡はよくとりあってるかな。お母さんとは1時間くらい電話で話すことも多いし、「今日のごはん」とかいってLINEが送られてきたりもするんだ。お父さんも、普段無口なのに、「元気か〜」ってLINEをくれたりするの。そんなキャラじゃないのに、♪ や絵文字を使ってくるお父さんが可愛くてしょうがない! !

普段、家族のことをそこまで話したりしないんですが、実はすごく仲がよくて、みんな大好き♡ わたしの支えになっています。この写真みたいに、いつか写真館で家族写真を撮ってみたいです!

女優としても。モデルとしても。ザ・負けず嫌い

ロングワンピース14,000円+税/G2?  ピアス2,200円+税/アネモネ(サンポークリエイト)

ありがたいことに、いろんなドラマに出演させていただいて、最近は、今までやってきたことのないような役のお芝居に挑戦することも増えてきたの。昔は、学園ものが多くて、同年代の共演者の方と楽しくやらせてもらっていたけど、最近は、テンションの高い役だったり、ドSの役だったり、本当にさまざまな役が多くて。特に、ドラマ『これは経費で落ちません! 』(NHK)で、噂好きのテンション高い女のコの役をやらせていただいたんですが、監督にもっとテンション高く、もっともっと! っていわれて。普段からそんなテンション高くないから、もう限界超えたテンションで挑まなきゃダメで、本当につらくて。でも、絶対にやってやる! って気持ちで、監督にくらいついてました。

今放送中の『この男は人生最大の過ちです』(ABC、テレビ朝日)では、めちゃめちゃドSキャラのOLの役。お相手役の速水もこみちさんを殴ったり踏んだりするシーンが多くて、最初はお互い気を使っていたんですが、慣れてきたら、2人とも楽しくなっちゃって(笑)。1カ月で撮ったドラマだったので、朝から夜までフル活動だったけど、すごく楽しかったんです。ドラマが始まる前は本当にプレッシャーで不安で。台本を覚えることと、役をどう演じていくかずっとひとりでかかえこんでしまってたのがウソみたい。

そう、実はわたし、毎回お芝居が始まる前は、すごく嫌で嫌でしょうがなくなるの。これはどんな作品でもそう。でも、撮影が始まりだしたらもうやるしかない! 、やってやる! って覚悟が決まるから、がむしゃらに演じるのみ。お芝居のお仕事は、いつもそうやって自分を奮い立たせて挑んでるんです。

モデルのお仕事は、また違うかな。撮影場所に行くのが楽しみ。でも、Rayモデルの中で、歴がいちばん長いし、ほかのみんなよりは輝きたいな、いや、輝いてなきゃダメなんだなって思うと、やっぱりもっと勉強しなきゃって思います。馴れ合いはよくないなと思うので。楽しいけど、それだけじゃダメ。だからこそ、雑誌を読むのはもちろんですが、実際に服にふれて、写真になったときをイメージしてみたり。あと、動きにちょっとした抜け感が出せるように、肩の力を抜く練習をしてみたり。そういった、ほかのみんなよりも一歩先を進むモデルになっていきたいです!

あわせて読みたい

Photograph FUMI KIKUCHI(impress+) Styling NOZOMI SHIROTA(KIND) Hair&Make-up HITOMI KAWASAKI(PEACE MONKEY) Model AIRI MATSUI(Exclusive)

RELATED

関連する記事