Ray

【JO1・川尻蓮】芸能人になったことを実感した瞬間って?

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
【JO1・川尻蓮】芸能人になったことを実感した瞬間って?
昨年末、日本中が熱狂した『PRODUCE 101 JAPAN』。熾烈なバトルを勝ち抜いてデビューを勝ち取った11人が「JO1(ジ ェイオーワン)」として3月にデビュー決定! まさに11人11色、個性豊かなメンバーの魅力をご紹介します。今回は、川尻蓮(かわしりれん)くんにクローズアップ。Q&A方式でインタビューに答えてもらいました♡

What’s!? JO1

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(通称:プデュ、日プ)から生まれたボーイズグループ。日本から世界の頂点をめざすという意味が込められており、すでに各界からラブコールが殺到! 

川尻蓮

グループ内での自分の役割、魅力は? 

A. ダンスリーダー。個人はもちろん、JO1の11人でしかできないようなパフォーマンスをするために頑張ってます。あと、ダンスリーダーなので(佐藤を見ながら)レッスン中にふざけるコに怒ります(笑)。

『PRODUCE 101 JAPAN』の番組で一番印象深いステージは? 

A. デビュー評価の「YOUNG」。国民プロデューサー(=番組視聴者のこと)のみなさんに最後にアピールできるチャンスで、練習生の思いが大きいのも感じていたし、それまでのすべてをぶつけました。

番組内のコンセプトバトルで、他にやってみたかった曲は? 

A. 「やんちゃBOY やんちゃGIRL」。実際にやったらどれくらい楽しいのかも気になるし、振り付け師の方も僕が大好きな方で。ステージでもいい笑顔を届けられると思います。グループで僕が一番ゲラなので(笑)。

番組放送中、ファンの応援で特に記憶に残っているものは?

A. mysta(マイスタ)というアプリで自撮り動画をアップしてポイントを競う企画があって、1回だけ汐恩が1位だったけど、それ以外は僕が全部1位をいただいて。数字で(結果が)出るので、みなさんの愛がこんなにも大きいんだって感じることができて、ありがたかったです。

JO1のメンバーと過ごした韓国合宿での思い出を1つ教えて! 

A. ミュージックビデオ撮影の3日間は朝早くから夜遅くまで、とにかく寒かったです。いろんなセットを組んでいただいたものを映像で見てみると、別の世界に来たみたいな(笑)。たくさんのスタッフさんに支えられて、芸能人になったんだって実感した瞬間でした。

Profile
1997年3月2日生まれ、福岡県出身。番組のテーマ曲「ツカメ~It’s Coming~」でセンターを務め、圧倒的なダンススキルで話題となった。高いプロ意識でグループを引っぱる存在。

あわせて読みたい

Photograph/Kentaro Kambe Interview&Text/Kana Nagasawa Design/Keisuke Takayama Composition/Yui Ogawa, Chisato Morita

RELATED

関連する記事