Ray

【保存版】「マニキュアを長持ちさせるコツ」をプロが丁寧に解説♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【保存版】「マニキュアを長持ちさせるコツ」をプロが丁寧に解説♡
ファッションやメイクはもちろん、指先までキレイを保つのが真の女子力の持ち主。マニキュアを“ただ塗るだけ”ではダメなんです!そこで今回は、人気ネイリスト・中川萌さんにマニキュアを長持ちさせる方法を教えてもらいました。コツを覚えて、あなたも今日から指先美人を目指して♡
目次
  1. マニキュアの土台作りは、“地爪ケア”が超大事!
  2. マニキュアは爪の断面まで縁取り!
  3. ベースコートとトップコートで仕上がりが劇的に変わる!
  4. Rayからのスペシャルプレゼント♡
Check!01

マニキュアの土台作りは、地爪ケアが超大事!

地爪ケアはマニキュアの持ちだけでなく、仕上がりにも大きく影響します。 例えば、加齢や乾燥によって生まれる爪表面の縦シワが仕上がりに影響することがありますが、地爪ケアをすることで色ムラを防止でき、表面もツルっと見えるので綺麗に仕上がります。また、余分な甘皮を処理しておくことで、表面積が広くなり、指が長く見えるのも嬉しいポイントです。

特にSTEP5の「保湿」はとても重要です。余分なものをオフした指はとても 乾燥しやすくなっているので、しっかり保湿をしてください。保湿された爪は衝撃が加わった際に“しなる”ので、爪も割れにくく、マニキュアの持ちもよくなります。「地爪ケア」と聞くと面倒に思う人も多くいるかもしれませんが、日頃から保湿をしておくと甘皮なども柔らかくケアしやすいので、億劫になりません!

STEP1 “正しい方法”で爪を切る

①まず、爪先の中央を確認する
爪を支える両サイドの皮膚と爪の根元の交点を直線で結び、 直線の中心から垂線を引いて爪先と交わった点が中央です。

②爪先の中央から左右にバランスよく切っていく
このとき、何回かに分けて少しずつ切り進めます。 爪の形は、衝撃に強い「スクエアオフ」(スクエアの角を丸めた形)が理想!

STEP2 “やさしくゆっくり”爪の切り口を整える

①優しく爪やすりをかける
物をつかむなどして、安定感のある場所に指を固定し、 爪やすりをゆっくり、やさしく動かします。

②爪の両端から中央に向かって動かす
角はやすりを小さく動かし丸みをつけるようにします。

STEP3 爪の“余分なもの”をオフ

①キューティクルリムーバーを爪全体と甘皮部分に塗布
入浴後など甘皮がふやけているときに行うのがおすすめです。

②角質や甘皮をとる
不要な角質や甘皮をプッシャーを使って爪先から爪の根元に向かって押し上げます。 45度程度の角度で、やさしく、均一に圧をかけます。取れた角質はコットンやティッシュで拭き取ります。

③甘皮や角質をカットする
リッパーで甘皮や硬くなった角質をカットします。 リッパーの先の刃で皮膚を傷つけないように気をつけましょう。

STEP4 爪の“アーチにあわせて”磨く

爪のアーチにあわせて、バッファーを傾けて磨く
磨きすぎると爪が薄くなるので、2週間に1度が目安です。

STEP5 爪の保湿で地爪ケアが完了!

爪や爪周りにネイルオイルやクリームでしっかり保湿して、地爪ケアは完了!
除光液でマニキュアを落としたときも、爪の保湿はしっかり行いましょう。

監修:日本フットケア協会 室谷良子先生

Check!02

マニキュアは爪の断面まで縁取り!

「マニキュアは爪表面に塗るもの」そんな考えはもう捨てましょう!実はマニキュアを長持ちさせるためには、 爪の断面にもマニキュアを塗布することが大切なんです。衝撃が加わりやすい爪先に保護膜を作ることができるので、マニキュアがはがれにくくなります。

きれいな縁取りの仕方♡

①マニキュアを塗る前に油分をしっかりとオフ
爪表面はもちろん、断面までしっかり油分をおとすことで、マニキュアが密着して持続性がアップします。 

②マニキュアを断面に塗る
断面に塗るのが難しく感じる方は手のひらを上に向けた状態で、ハケをなぞるように動かすと塗りやすい!

★量は少量でOK!
分厚く塗ってしまうとマニキュアが爪先に溜まり、乾きにくくなってしまいます。ハケについたマニキュアを落としてから、薄くつけることを意識してください。

Check!03

ベースコートとトップコートで仕上がりが劇的に変わる!

実はマニキュアのカラーと同じくらい大切なのは、ベースコートとトップコート。面倒くさくてついつい怠ってしまう方も多いはず。でもこの2ステップは、仕上がりやマニキュアの持ちにとても影響します。特にベースコートは地爪ケアにもつながるので、忘れずに行いましょう!

ベースコートとは?

★塗るだけでツヤ感アップ!
メイクの下地と同じように表面の凸凹と質感を補正し、ツヤ感がアップ!マニキュアも密着するためネイルが長持ちします。

★ベースコートを塗らないと…
ベースコートを塗らずに直接マニキュアを塗布してしまうと、地爪に負担がかかり乾燥しやすくなったり、 黄色く色素沈着を引き起こしたりすることも。

トップコートとは?

★爪の強度をあげてくれます
トップコートを2〜3日に1回の頻度で重ねて塗ると、強度がアップ!生活していくとネイルの表面が傷ついたり、くもったりするため、トップコートのツヤでつるんとした質感を出しましょう。

★塗布のポイント
トップコートはベースコートより多めの量で、ふわっと力を入れずに塗るのがポイント。断面もしっかり塗布しましょう。

Check!04

Rayからのスペシャルプレゼント♡

今回紹介したお手入れが自宅で簡単にできる「貝印 キューティクルお手入れセット」を、なんと3名さまにプレゼント!

■ネイルケアの基本アイテムがセットに
余分な甘皮の処理はネイルケアの基本。そのために必要なプッシャー、リッパー、キューティクルリムーバーがセットになっているので、あれこれ買い揃える必要がなく、すぐにお手 入れを始められます。

■爪表面の不要な角質を処理できる
プッシャーはヘラ部分を爪のカーブに合わせ、先端にエッジをつけることで、爪表面の不要な角質(ルースキューティクル)の処理に適した形状にしました。

■プロネイリストのHow to use付き
間違ったネイルケアは爪や皮膚を傷つけてしまい、ひどい時には出血などを引き起こす場合も。付属のHow to useでは、手順から注意点までプロネイリストが詳しく解説。セルフケアが初めての方にもおすすめです。

応募方法
①Rayの公式Twitterアカウント@mag_rayをフォロー。
③この記事の該当ツイートをRT
※当選者の方には、後日編集部よりダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。

応募締め切り
2020年2月5日(水)

これを機に、ぜひ応募してね♡

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com