Ray

【就活】”服装自由”どうする?採用担当が教える「本当に注意すべき4つのコト」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【就活】”服装自由”どうする?採用担当が教える「本当に注意すべき4つのコト」
「1次面接で見るのは、第一印象と基本的な受け答え」と話す採用担当も多く、就活において特に身だしなみは重要なポイント。しかし!Ray編集部の調査によると、採用担当の着眼点と就活生が気にしているポイントは、意外とズレていたんです…。採用担当の本音を、今のうちにチェックしておこう!
CONTENTS
  1. 教えてくれたのはこの人たち!
  2. 茶髪はNG?
  3. 「服装自由」でもスーツでしょ!
  4. メイクは薄ければ薄いほうがいいよね
  5. スーツって黒じゃなきゃダメ?
  6. まとめると…

教えてくれたのはこの人たち!

IT系西川さん
" 就活生の服装自由"という企業で採用を担当し、主体性を重視。

医療メーカー系中川さん
専門職も多い業界のため、自社とのマッチ度に着目して採用。

人材系佐々木さん
業界柄、さまざまな顧客と関わるので臨機応変な部分を見ている。

不動産系小野さん
5年間、採用に関わってきたベテラン。第一印象の大切さを説く。

Voice01

茶髪はNG?

自然なブラウンヘアは問題なし!むしろカチカチに固めた真っ黒ヘアのほうが清潔感に欠ける

「『自然であること』が重要なので、作り込まれた清潔感は逆に目につきます。茶髪自体は問題ありませんが、色ムラや傷みがあると清潔感が損なわれるので要注意」(小野さん)



Voice02

「服装自由」でもスーツでしょ!

「服装自由」なら私服で大丈夫!相手にとっても心地いい格好を意識

「説明会で私服OKなのは、授業がある日でも気軽に参加してもらいたいから。気にせず私服で来てください。さすがにデニムのショートパンツをはいてきたコは浮いてましたが......」(中川さん)

「弊社は入社後も服装は自由。社員はみんなカジュアルですが、だらしない人はいません。面接官の視点に立って、お互いに心地いい格好を考えてくれれば大丈夫です」(西川さん)



Voice03

メイクは薄ければ薄いほうがいいよね

ナチュラルメイクがベストだけどほぼスッピンはさすがにNG!

「真っ赤なグロス、濃すぎるアイシャドウやチークまでいくと NG という認識ですが、基本的に不動産業界のビジネスシーンであるべきメイクとして強いこだわりはありません」(小野さん)

「メイクが濃い就活生よりも、あまりにもスッピンというほうが印象に残ります。将来的にお客様の前に立たせられるかという面で考えても、ある程度のメイクは必要だと感じます」(佐々木さん)



Voice04

スーツって黒じゃなきゃダメ?

色・柄よりサイズ感や細かなシワのほうが目につく!

「色がグレーとか、うっすらストライプ柄というのは正直チェックしていません。気になるのはシワが目立つコ。連日着ているとシワになりやすいので、小まめにチェックして」(佐々木さん)



「サイズが合っていることは基本中の基本!大事なことは本人に合っているかどうかなので、パーソナルカラーも含めて店員さんにアドバイスしてもらうのも効果的だと思います」(小野さん)



まとめると…

なぜその格好をしているのか、理由がわかればOKです

「私たちが見ているのは"What"より"Why"なので、金髪でもカラコンでも"なぜそうしたのか"を答えられることが重要。ただ、個性は見た目から出るものではないと考えています」(西川さん)

あわせて読みたい

イラスト/成瀬瞳

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com