Ray

下品なデカ目は卒業!ナチュラルなのに可愛く盛れる『究極モテアイメイク』

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
0cf330803e072e35a5fc63cee3faa83d02f5f7d7
とにかくデカ目の時代は終わった?!定番のブラウンEYEがやっぱり主流だけど、アイメイクはどんどんナチュラル化が加速している模様。手持ちのブラウンシャドウで作れる、「モトからぱっちり風アイ」のHow toを伝授します!

ナチュラルな陰影に、ちょっぴりきらめきで可愛げアピール♡

Point

すべて調和させるように意識することがポイント♡

  • 二重幅をつぶさないおだやかな陰影
  • 涙袋ラメは真ん中だけ!
  • すーっと自然に上向きのまつ毛
  • 境目のないじんわりグラデ

「やればやるほど変わるパーツである半面、一歩間違えると❝やりすぎ❞という落とし穴が。アイテムごとに独立してとらえずに、すべてなじませて調和させるように意識してみて。」

ちょうどいい最強アイメイクって?

ひかえめなのに印象に残るナチュラルアイを作る方法を伝授します♡

用意するもの

  • ブラウンパレット
  • ラメシャドウ
  • 茶ライナー
  • 黒マスカラ
How to01

ベースカラーをアイホールに広げる

パール入りの明るいベージュで、肌色をトーンアップ。まぶたの中央からつけて全体へ広げていく。指でつけることでチップよりもふんわりと粉がのり、薄づきに仕上がる。

How to02

中間色のピンクベージュで上下まぶたを囲む

大きめチップのほうにカラーをとり、二重幅より少し広めに目頭から目尻に向かって塗り広げる。目尻から下まぶたへつなげて目頭まで、二重幅の境目をチップでなじませる。

How to03

ペンシルライナーでまつ毛のすき間を埋める

まつ毛の間の地肌を埋めるように、ペンシルで点づけする。ペン先をあてたら、小刻みに左右に動かしてつけるとしっかり描ける。目頭部分ははずすことで、強すぎない印象に。

How to04

目尻側は目のきわに沿ってラインを引く

目尻側1/3からは、目のきわに沿って細かくラインを入れる。目尻まできたら、スッと力を抜いてはらいフィニッシュ。あまり延長しすぎると不自然に見えるので気をつけて!

How to05

締め色ブラウンでアイラインの上からなぞる

締め色ブラウンを4で引いたラインをなぞるように、目尻からつける。目頭まできたら折り返して再び目尻方向へ流すことで濃淡がキレイに♡

How to06

中間色を締め色の境界線に重ねる

パレットの中間色を指にとり、5で引いたライン風の締め色の上から境目をぼかすようになぞって往復。ナチュラルなぼんやりとしたグラデに仕上がる。

How to07

ラメシャドウを上下まぶたの中央につける

ラメを上まぶたの中央にタテ長に、さらに下まぶたの黒目下にも少量オン。つけるときはトントンと置くようにするとキレイに発色。

How to08

ビューラーは4段階ではさんでゆるやかカールに

根本から毛先に向かって少しずつ位置をずらしながら、だんだんと力を弱めるように4回はさむ。一気にカールをつけようとせず、何回かくり返してカクカクしない自然な曲線に。

How to09

上下まつ毛にマスカラをしっかり塗る

上まつ毛はブラシをジグザグに動かしながら根元からたっぷりと、下まつ毛はまっすぐとかすように毛先メインにつける。どちらも皮膚を少し引っぱりながら塗るのがポイント♡

How to10

上まつ毛の目尻側のみマスカラをつけ足し

マスカラ液を少しつけ足して、ブラシをタテにして先端部分を使って目尻側まつ毛にオン。ちょんちょんと斜め上方向へ引き上げるように重ねて、横長にも目を拡大。

完成!

ピアス2,100円+税/アネモネ(サンポークリエイト)

教えてくれたのはヘア&メイク paku☆chanさん
理論に基づいたコンプレックス解消メイクからこなれたおしゃれメイクまで、ファッション誌、美容誌、をはじめ年令やジャンルを問わず数々の雑誌で活躍。有名人の指名も絶えないとか!

撮影/藤原宏(Pygmy Company・モデル)ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE)スタイリング/内藤美由貴 モデル/高橋ひかる(本誌専属) 一部文/佐々木麗

RELATED

関連する記事