Ray

【吉田朱里】5年半のRay専属モデル卒業!これまでを本音で語るインタビュー

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【吉田朱里】5年半のRay専属モデル卒業!これまでを本音で語るインタビュー
女のコが可愛くなることの楽しさを体現しつづけたRayモデルとしての5年半。さらに美しく輝く大人の女性へ進化すべく旅立つ吉田朱里が、現在の気持ちを語ります。「本当にRayの一員になれてよかった」と語るアカリン。5年半の、ありがとうをこめてラストシュート♡

今までもこれからもずーっと、自分らしく♡

Ray㋲になって出会えた、新しい自分の顔

アイドルとしてグループのセンターになるのは難しいかもと気づいて、どうしたら芸能界で芽を出せるかもがいてYouTubeを始めた私を、どこよりも早く見つけてくれたのがRayでした。

好きなテイストもあってたし、甘くて可愛いのも、きれいで大人っぽいのもなんでも着たい欲張りな私にぴったりの雑誌。

Ray㋲に決まったときは、夢が叶ったうれしさが大きかったけど、それと同時にあるルールを自分に課したんです。それが、自分のこだわりは持ち込まないということ。

アイドル活動では、とにかく自分が可愛く見えるために自己流のメイクや撮影時の顔の角度に徹底したこだわりがあったけど、モデルはそういうものじゃないって知ってたから。

そこでスイッチを切り替えたことで、毎月Rayの撮影をするたびに「このメイク方法だと、私ってこういう顔になるんや」「この顔の角度もありなんだ」って、コスメの使い方も、自分の見せ方も幅がぐんぐん広がったんです。

モデルとしてだけじゃなく、アイドルとしても、コスメプロデューサーとしても成長できたのはRayでの経験があったからと感じています。

可愛いの価値観の幅を広げてくれるだけじゃなく、モデル同士の仲のよさも、私がRayを好きな理由。専属モデルだけど、Rayの他にアイドルや女優などの活動をしてるコが多くて。それをモデル全員がお互いに応援しあってるんですよ。

撮影現場でも「この前あのドラマ見たよー」とか感想言いあって、それぞれのすごさを心から尊敬しあってる。そんな環境ってなかなかないと思うんです。

特に愛理ちゃんなんて、アイドルの先輩として1番尊敬してる人やのに、会うたびに褒めてくれる。5年半前の私が知ったら、びっくりするやろなってくらい仲いいし(笑)。

小さい頃からのモデルになるという夢を叶えてくれて、私のメイク好きを生かしたビューティーページもたくさんさせてもらえて、ステキな仲間にも出会えて、本当にRayの一員になれてよかったなって思ってます!

ピンクニット、ドレス 各参考商品/Nozomi Masui ピンクリボンキャップ 26,400円/hetoldme

1 2
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com