Ray

遠距離恋愛ってぶっちゃけどう?4年半経験した「上京ガール」が語る本音

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
遠距離恋愛ってぶっちゃけどう?4年半経験した「上京ガール」が語る本音
たくさんの若者が夢を追いかけてやってくる街、東京。毎日当たり前に過ぎていく“東京”での日々のこと、大切な人とのつながりについて、Rayガールに聞きました。今回は、上京するにあたって、4年半遠距離恋愛を経験したRay♥Influencerの須田美帆さんにインタビュー。遠距離恋愛のリアルな本音は参考になること間違いなし。

Check! 上京ガール

須田美帆さん(会社員・23才)

大学進学で上京。コロナ禍で一度仙台に戻るも就職をきっかけに再度上京。学生時代から社会人1年目の約4年半にわたって経験した過去の遠距離恋愛で感じたこと、話してくれました。

Instagram:@_miho_suda_

遠距離恋愛で感じたこと

社会人と学生価値観のズレ

カレは私の1つ上。地元の大学院に進学したので私が先に社会人になりました。基本2人が会えるのはお互いが休みの土日だけ。でも社会人の土日ってとても貴重。平日は疲れるから休日はとにかく寝たいんですよね(笑)。

寂しいときほど出ない電話

上京したての頃、寂しすぎてホームシックになりかけてたんです。でもそういうときに限ってカレは電話しても出られなかったり。最初は寂しかったけど、そのおかげか悩みだった依存体質から抜け出せた気がします(笑)。

結婚願望について

「結婚したい、子ども欲しい」ってカレが言うんです。私が学生だったら一緒に将来の話として楽しく会話できていたと思う。でも社会人になると“結婚”ってワードがよりリアルなものになる......。そこでズレを感じてました。

田舎での理想、都会での現実

同郷のカレは将来的に結婚したら、自分の家族の近くで暮らしたいって考え。だから私にも「いつかは戻ってきてほしい」って。

そのことに違和感を感じたときに、「私、東京で生きていくんだ」って覚悟が決まった気がします。だから、この恋のおかげで今があるし、後悔はないんです。

変わらないカレ、変わっていく自分

私が研修中、家で課題をしていたら「課題やりながらでも電話できるでしょ」って言われたことがあって。学生のときはできたけど、仕事ってなると全然違う。会える距離だったらこんなケンカしないのに......って思ってました。

顔の見えないケンカ「本気で謝ってる?」

ケンカをしても仲直りはいつも電話。でも声だけだと感情がわからないから「ごめん」って言ってくれるけど本当に思ってる?ってさらにヒートアップ。直接会えたらいいのにってケンカするたび考えちゃうんですよね。

会いたいだけなのに往復8,000円がキツかった

お互いに夜行バスで行き来していたんですけど、往復で8,000円くらいかかるんです。会えるのはうれしいけど、大学生の8,000円って結構高い......。ただ会いたいだけなのにお金がかかるってことが辛かったんですよね。

撮影/小林真梨子 文/天井玖瑠海

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com