Ray

仲良し美人姉妹の2人暮らしってどんな感じ?Rayガールの【上京物語】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
仲良し美人姉妹の2人暮らしってどんな感じ?Rayガールの【上京物語】
たくさんの若者が夢を追いかけてやってくる街、東京。毎日当たり前に過ぎていく“東京”での日々のこと、大切な人とのつながりについて、Rayガールに聞きました。今回は、大学進学を機に上京&お姉さんとの2人暮らしを始めた大野莉昂さんにインタビュー♡ Ray♥Campus Girlのリアルな生活模様に注目です!

Check! 上京ガール

大野莉昂さん(立教大学 4年)

熊本県出身。幼い頃から芸能活動を開始し、大学進学を機に上京。「美人すぎる姉妹」として有名になった2つ上の姉・真昂さんと2人暮らしをしている。

Instagram:@bbbbrikopanda

姉・大野真昂さん(会社員 23才)

学生時代はRay♥Campus Girlとして活躍してくれた真昂さん。現在は会社員として働きながら、自身が手がけた美容サロンで認定講師としても活動中。

「いつも私の先を行くお姉ちゃんが誇らしいです」

私が上京したのは、大学進学のとき。小学生の頃から芸能活動をしていて、東京と熊本の行き来には慣れていたので、抵抗はありませんでした。

でもひとりでいるのがすごく苦手なので、先にお姉ちゃんが上京していなかったら、出てきてたかわからない。出てきていても毎日寂しい寂しいって騒いでいたと思う(笑)。

お姉ちゃんって小さいときからずっと天然で。しっかり者ってイメージは全然なかったんですけど、2人で暮らし始めたら「意外としっかりしてるじゃん!」っていう部分が見えてきました(笑)。

実家にいたときは私たち家事とか全然やっていなかったのですが、今ではお姉ちゃんがなんでもやってくれます(笑)。あ、でも掃除は私がやります。

あとは、頼りきりにならないようにお姉ちゃんがごはんを作ってくれたら、私が基本的に片づけをしてって分担はしていますよ!

熊本でのお仕事が月に1回あるので地元には頻繁に帰るんですけど、両親はやっぱり心配みたいで......。お父さんからは毎日のように電話が来るし、お母さんとも毎日LINEしてます。

お母さんは東京にもよく遊びに来ます。実家でワンちゃんを2匹飼っていて、東京に来るときは連れてきてくれるので「早く来てー!」って犬に会いたくて呼んじゃいます(笑)。

小さい頃はワンちゃんとどっちが一緒に寝るかとか、くだらないことでお姉ちゃんとよくケンカしてたんですけど、大人になるにつれてケンカも減りましたね。

むしろ今は尊敬してます。2つしか年が変わらないから小さいときからずっと一緒。

何をするにもお姉ちゃんの背中を追いかけてきて、それは今も変わらないんです。

最近だとお姉ちゃんが就活を頑張っていたのも1番近くで見てたし。私も頑張らなきゃと思いますね。

仲がいいのはもちろん、自慢のお姉ちゃんですし、そばにいられることが誇らしいです。

そんなお姉ちゃんのために、できることはないかなと思って、最近はお姉ちゃんが寝たらテレビの音量を下げるようにしてます(笑)。

文/天井玖瑠海

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com