Ray

見た目も中身もイケメンぞろい!初心者向けの【2.5次元没入マニュアル】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
見た目も中身もイケメンぞろい!初心者向けの【2.5次元没入マニュアル】
アニメやゲームに出てくるようなイケメンを完璧に演じきる2.5次元男子たちが「眼福すぎる」「業界のご尊顔の質が過去最高」と再燃中。今回は、2.5次元初心者さんのために、「2.5次元没入マニュアル」をご紹介します。これであなたも2.5次元男子に沼ること間違いなし♡

2.5次元没入マニュアル

原作を知らなくても即沼れる!

2.5次元好きを騒がせる注目の作品とは?まずはどの舞台やミュージカルを見るべきか、はじめの一歩におすすめな作品や番組をご紹介!

Check!1 ライブ感覚で楽しめる【ミュージカル】がまずはおすすめ

2.5次元舞台は原作のキャラクターや世界観をそのまま再現することが魅力。でも、実は本編のストーリー以外にライブパートがあったりと、まるでアイドルのコンサートのような楽しみ方ができるものも!

初めて2.5次元舞台を観劇する人にもおすすめなのが、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を育成する大人気ゲーム「刀剣乱舞ONLINE」が原案の、ミュージカル『刀剣乱舞』(通称:刀ミュ)シリーズ。

2部構成で上演されるミュージカル本公演では、歴史を題材とした重厚な物語が描かれるミュージカルパートを味わったあとに、華やかなオリジナル衣装でのライブパートを楽しめます。ライブパートではうちわやペンライトでの応援もOK!

ゲームやキャラクターを知らなくても、純粋にライブとして楽しむこともできちゃうんです。そんな刀ミュの刀剣男士たちがNHK紅白歌合戦に出場したときは、初めて知る人からも大絶賛でした。最新作『江 おん すていじ』も期待大◎。

ミュージカル『刀剣乱舞』江 おん すていじ

12月末より公開予定

“江”の刀剣男士たち6振りと、大典太光世、水心子正秀による、芝居あり、ライブありの新作公演。刀剣男士たちによる新たな形の“すていじ”に心奪われること必至。

©NITRO PLUS・EXNOA LLC/ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

Check!2 2.5次元スターが活躍する【バラエティ】で推しを探すべし

2.5次元ブームでバラエティ番組が誕生!2.5舞台でアドリブのやりとりをすることが多く、それも楽しみのひとつ。アドリブの応酬で瞬発力が鍛えられているせいか、実はバラエティ力が高い人が多いそう。

なかでも人気、実力、ルックス、バラエティ力のすべてを兼ね備えた、えりすぐりの6人が集結したバラエティ番組『ろくにんよれば町内会』は、今ホットな俳優陣の素顔が見られる貴重な機会。

プロポーズの言葉を考えてみたり、グルメレポートに挑戦したり、ときには女装や仮装姿が見られるのも新鮮。舞台では座長としてみんなをまとめる、トップスター荒牧慶彦さんも、実はいじられキャラだったり、天然ボケを炸裂させる姿は新鮮だし、可愛すぎる。

荒牧慶彦

最近、活躍の場が広がっている佐藤流司さんのヤンチャな姿を見られるのもここだけ。普段、舞台で神々しい6人とのギャップに新たな推しの扉が開くはず!

佐藤流司

バラエティ『ろくにんよれば町内会』

日本テレビ 毎週火曜 深夜24時59分~

荒牧慶彦、和田雅成、佐藤流司、橋本祥平、梅津瑞樹、田中涼星。今や映画、ドラマにも引っぱりだこの“ろくにん”がバラエティに進出。毎週、豪華ゲストと、さまざまな試練に挑戦する姿が話題。

Check!3 お笑い芸人がテーマの【新感覚な舞台】にハマる人続出!

舞台作品はあまり見たことがないけど、お笑いが好き!という人は舞台『あいつが上手で下手が僕で』(通称:カミシモ)シーズン2を!売れない芸人たちが“島流し”されて行き着いた湘南劇場。そこからなんとか抜け出すために奮闘するという芸人青春群像劇だ。

前作ではドラマ放送後に舞台化されるなどメディアミックスでも話題に。11月から始まるシーズン2の舞台では、荒牧慶彦さんと和田雅成さんが演じるお笑いコンビ“エクソダス”をはじめ、シーズン2からの登場となる新たな顔ぶれに期待が高まる。

特に“ねあんでる”の木津つばささん、中尾暢樹さんの愛嬌たっぷりなイケメンコンビにも注目。キャスト発表時に「絶対に楽しいと思う!」と同じコメントをするほど、息ぴったりな2人はどんな“お笑い”を見せてくれるのだろうか。

今作では、舞台公演後にTVドラマへとストーリーが展開するので舞台&ドラマと長―く沼れること間違いなし!

舞台『あいつが上手で下手が僕で』シーズン2

東京公演11月18日(金)~
大阪公演12月2日(金)~

売れないお笑い芸人が流れ着く湘南劇場。そこにかかってきた1本の電話から、芸人たちは無人島に連れ去られることに......。試練をクリアすれば、地上波のスタジオでネタができるという過酷ロケバラエティ番組だった。無人島、いや芸能界サバイバルが開幕!

〈左〉中尾暢樹 〈右〉木津つばさ

取材・文/尹秀姫

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com