Ray

「霜降」はなんて読む?しもふり以外の読み方とは

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「霜降」はなんて読む?しもふり以外の読み方とは
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「霜降」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

霜降肉の「しもふり」以外にも読み方があるんですよ。

ヒントは、昔から使われている季節を表す言葉です。

いったい、なんて読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「そうこう」でした。

霜降とは、二十四節気の一つで毎年10月23日か24日のこと。

この頃になると気温が下がり、霜が地上に出てくることから霜降と呼ばれるようになりました。

ちなみに二十四節気とは、季節に合わせて1年を24に分けたものです。他の二十四節気では立春や夏至が有名ですよね。

ちなみに、霜降の前には10月8日頃の寒露、後ろには11月7日頃の立冬がありますよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com