Ray

大学生活最後の思い出に参加したことで、将来の夢が見つかったライバー

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
大学生活最後の思い出に参加したことで、将来の夢が見つかったライバー
自分らしくないこと、今までだったら考えられないことに挑戦してみようと思ったり、行動したりするときが、人生のターニングポイントになるのかもしれません。今回お話を聞いた畑野七瀬さんにとってのターニングポイントは、大学4年生で参加したミスコン。そこからの人生の変化についてお話を聞きました。

Profile

ニックネーム:なーちん
生年月日:1998年9月21日
ミクチャ歴:半年
趣味:ラーメン巡り、音楽
Twitter:@mck21_miss06
Instagram:@mck21_miss06
TikTok:@mck21_miss06
ミクチャ:畑野七海🍜🐯🤧

 \ミクチャに興味がある方はこちら/
国内最大級のライブ配信アプリ「ミクチャ」では
たくさんのライバーが活躍し、夢を叶えています。
 ✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨

リスナーさんたちから教えてもらった“自分の価値”

畑野さんが、ライブ配信をはじめたきっかけを教えてください

大学4年生のとき参加した「CAMPUS FES 2021」がきっかけです。就職活動をする中で自分自身を振り返る機会があって、「私はこの4年間、何もやっていないかもしれない」と感じていました。

なにか大学生活最後の思い出を作ろうと思い、ずっと憧れていたミスコンに参加することを決めました。

ミスコンに参加して、大学生活の思い出はできましたか?

はい。大学生活の思い出になっただけではなく、考え方が180度変わったのも大きいです。

以前はネガティブな性格で、ミスコンにもライバーにも不向きなタイプでした。

でも、ライブ配信で出会えたたくさんのリスナーさんたちから、私の価値を教えてもらえた気がして、今は自分にすごく自信を持てるようになりました。

ライブ配信は、ご自身に向いていたと思いますか?

はい!ライブ配信をはじめてみたらすごく楽しくて、ミスコンが終わるのがいやだなと感じたくらいです(笑)。

最初は、なかなか人がこなくて何をしていいかわからない時間もあったけれど、他の方のライブ配信を参考にしていろいろ挑戦してみたらどんどん楽しくなっていきました。

ライブ配信は、1日に1回、必ず2時間以上すると決めて、はじめてから1日も欠かしたことはありません。

ー1日も休まずに!それだけ楽しいと思えるものに出会えたのはすごいですね。

もし、ミスコンに参加しないまま大学卒業を迎えていたらどうだったでしょうか

私は、就職活動でなくしてしまった自信をライブ配信で取り戻しました。

もし、ライブ配信をしていなかったら、今頃つまらない毎日を送っていたと思うし、大学生活を振り返ってもいい思い出がないままだったと思います。

ーライブ配信は、畑野さんに大きな影響を与えたのですね。

大学を卒業したら、就職をして会社で働くのが当たり前という感覚で生きていたんです。

でも、ライバーという活動をしたことで、その考えも変わりました。

4月から就職は決まっているのですが、この先どこかで、今やりたいなと思っていることを実現できたらいいなと思っています。

それは、どんなことですか?

いつか、ライバーさんをより支えられるような仕事がしたいなと思っているんです。

ライバーさんって、キラキラして見えるけどもちろん大変なこともあります。

自分自身が活動しているからこそ理解できることがあるので、ライバーの子たちが前向きに活動できるような事務所を作りたいという夢ができました。

ー事務所を作るというのは大きな夢ですね。いろんなことに前向きになっていて素晴らしいですね!

以前は、前向きにやりたいことがどんどん思いつくタイプではなかったので、ライバーになってからの変化には自分でもびっくりしています。

まわりの友達からも、変わったねと言われるんです(笑)。

今は、ライブ配信が生活の中心

畑野さんのミクチャの配信はどんな内容が多いですか?

基本は雑談配信です。私の枠はリスナーさん同士が仲良くて、みんなで話を広げていってくれるんです。

普段のライブ配信では、みんなで私のことをいじってくるけれど、私がちょっと落ち込んでいたりすると、あたたかい応援コメントをみんなが送ってくれる。

ツンデレなファンの方が多いですね。雑談以外では、絵本を読んで寝かしつけタイムを作ったり、『ポケット六法』を読んだりしています。ちょっと、ぶっ飛んだ枠かもしれません(笑)。

これまで、ミクチャでライブ配信をしてきた中で一番うれしかったことはなんですか?

一番を決めるのが難しいくらい、うれしいことばかりです。

ライブ配信に人が少ないときも、たくさんコメントをして支えてくれるリスナーさんがいます。

他にも投票を集めるために私の代わりに枠周りをしてくれるリスナーさんがいたり、深夜配信なのに遊びに来て励ましてくれるリスナーさんがいたり……。日々、みなさんから幸せをもらえていることがうれしいです。

ミクチャでライバーをしていて感じる、ミクチャの魅力ってなんですか?

ライブ配信の経験が全くなかった私が、毎日楽しくライブ配信を続けられている理由のひとつにミクチャの使いやすさがあります。

ミクチャは初心者でもすぐ馴染めるし、わかりやすいです。

また、枠まわりが盛んなので、どんどん人脈が広がっていくところもすごいなと思います。

畑野さんにとって、「ライブ配信」とは?

生活の一部です。一部どころか、ライブ配信が生活の中心です(笑)。

1日も休んでいないので、ご飯やお風呂、睡眠と並ぶほど生活に必要不可欠なものとなっています(笑)。

ライブ配信を続けていく中で、スキルアップしたな感じる部分はありますか?

滑舌がよくなりました。とは言っても、まだまだ舌足らずな話し方をしているのですが……。

以前と比較すると、早口で話せるようになった気がしています。ライバーをやっていると、自然に語彙力が増えていくし、聞き取りやすい話し方になっていくんですよね。

あと、関西弁が抜けました。地元の友達には、「なんで、標準語やねん」って、突っ込まれますけど(笑)。

ミクチャは社会と同じ!人間関係をしっかり構築すれば成功できる

ミクチャをはじめたことで、考え方や将来に対しての思いにも変化があったということですが、今語れる将来の希望や夢を教えてください!

ミクチャを通じて、たくさんの貴重な経験をさせてもらえました。その中で、夢や目標に向かって頑張る人たちを支える側になりたいという新しい夢ができました。

私自身、アイドルに憧れをもっているので、自分もアイドルに挑戦して、さらにアイドルを支える裏方の仕事ができるようになりたいです。そのために、もっともっとミクチャについても勉強していきたいと思っています。

"ライブ配信ならでは"のスペシャルな経験といえばなんですか?  

広告掲載権を獲得して、渋谷や道頓堀のビジョン、電車内の中吊り広告に自分の顔が載ったことです。

普通に生活していたらありえないですよね。ライバーになったことで、夢のような特別な経験をさせてもらいました。

今回、雑誌『Ray』に掲載されることになりますが、雑誌に載るというのもまた特別な経験ですよね

以前、関西大学のミスコンに参加したときに『Ray』に出たことがあります。

でも、12人いる中の1人として載ったのですごーく小さかったんです(笑)。今回は、私のためのページが2ページもあるのですごく特別な経験になりました。

「CAMPUS FES 2021」の特典にも紙面掲載があったのですが、そのときは獲得できなかったんです。

それがすごく悔しかったので、今回はその後悔の回収もできたと思っています。今は、半年のライバー生活の中で取りこぼしたものにリベンジしているところなんです。

そんな畑野さんから、これからライバーを目指す人たちへのメッセージを送るとしたら?

やりたいという気持ちがあるなら、1日でも早く挑戦してみてほしいです。

最初は、人がこなかったりして辛いと感じる時期もあるかもしれませんが、それを乗り越えたら絶対に楽しくなります。

私、ミクチャって社会だと思っているんです。ちゃんと人間関係を構築して、楽しく配信をしたら必ずうまくいきます。

ライバーをする上で大切なのは笑顔。明るく、楽しくお話をしていたら、きっと人が寄ってきてくれるし、私もそれを心がけています。ぜひ頑張ってください。

畑野さんは今後、どのようなライバーとして活動していきますか?

これまで同様、一味違う感じのライバーを目指していきたいです。

素を出しまくった状態で、リスナーさんにつっこんだりしながら、ぶっ飛んだ内容のライブ配信を続けていきたいと思っています。

おもしろいライブ配信をやり続けて、独自の世界観を見せていきたいです。

大学生活の最後の思い出作りのために参加したミスコンで、今後進む道が大きく変わったという畑野さん。ライブ配信をしていく中で、これからのことを前向きに考えられるようになったという畑野さんの今後の活躍から目が離せませんね。


\ミクチャに興味がある方はこちら/
国内最大級のライブ配信アプリ「ミクチャ」では
たくさんのライバーが活躍し、夢を叶えています。
 ✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨


あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com