Ray

アンジュルムがNEWシングルを発売!新曲の魅力をかみこ&いせぴんが猛烈アピール♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
アンジュルムがNEWシングルを発売!新曲の魅力をかみこ&いせぴんが猛烈アピール♡
昨年末の新メンバー加入後の新体制では初となるアンジュルムのシングルが発売中!アンジュルムの新たな魅力が爆発するような3曲を収録した、トルプルA面となっています。今回、Ray7月号のヘアアレンジ企画に登場してくれたメンバーの上國料萌衣さんと、伊勢鈴蘭さんへインタビュー。歌にダンスに、衣装にと、注目ポイントが盛りだくさんな3曲について語ってくれました♡

Check!1 「愛・魔性」

カッコよさの中にある“せつなさ”を表現した、大人っぽなアンジュルム!

上國料:真っ赤な衣装に身を包んで表現するラテンナンバーです。アンジュルムの特徴でもある“かっこよさ”を感じさせる曲ですが、今までは力強さを前面に押し出すような表現が多かったところ、「愛・魔性」では大人の女性の恋愛でのせつなさや、儚さも含んでいるのが新鮮です!

伊勢:大人っぽいし、儚さもありながら情熱を表現するというのは、なかなか難しいなって、最初は思ったんですが、歌詞を読み込んで、どういう心情なのか丁寧に考えて挑みました!

上國料:私も、ソロを担当する落ちサビのパートを歌うときは、せつないけれど芯のある女性を表現しようとがんばったので、ぜひ聞いてもらいたいです。

これまでは先輩メンバーのソロパートが多めだったけど、この曲では後輩メンバーのソロもしっかりあるので、新しいアンジュルムの歌を届けられているんじゃないかなと。

伊勢:歌の表現もですが、ダンスもすごくこだわっていて、かっこよくて華のある振り付けも注目してほしいですね! 

上國料:サビのビシッと止まる振り付けは、簡単にポーズをとっているように見せて、角度やタイミングが全員そろうように、実はかなり力をいれているんですよ。

伊勢:そうなんです。完成したMVをメンバー全員で見たときにも、“うわぁー!”って自然と声が上がるほど、新鮮でかっこいい仕上がりになりました。

上國料:歌詞自体は、Ray読者のみなさんやわたしたちの世代より、ちょっと大人な内容。でもテンポがいい曲なので、音として楽しむのもありです!

伊勢:1日仕事をしたあとの帰り道とかで、聞きたくなる曲だなって思っています。音が弾む感じとか、聴いていて気持ちいいので、1日やりきった達成感を感じながら聞くのにおすすめです(笑)。

Check!2 「ハデにやっちゃいな!」

女のコのおしゃれ心を全肯定してくれる曲♡

上國料:これは、歌詞にパワーをもらえる曲です!“ハデにやっちゃいな”や“間違ったって可愛いの最強じゃん”というフレーズがあるんですが、まわりに何を言われようと、自分の好きな可愛いを貫こうよ!って、女のコを応援してくれる内容になっています。

この曲を聴いて、似合わないからやらないじゃなく、自分がやりたいからやろう!って思ってくれるコが増えたらいいなって、気持ちを込めながら歌っています。

伊勢:最近はアンジュルムのなかでも、ヘアメイクとかで自分のやりたいことをしっかり言うメンバーが増えましたよね。年齢の幅があるグループですが、年下のコも今まで以上に希望を発せられる環境になってきたのは、この曲の影響も大きいんじゃないかな?それくらい私たちにも、刺さってます!

上國料:そうそう!私なんて自分のこと言われてるんじゃないかってくらい、歌詞と気持ちがリンクしちゃいました(笑)。

“黒歴史 大歓迎”っていう歌詞はとくに!昔のMVを見返すと、なんでこの髪型したんだろう?って、ちょっと恥ずかしくなることもありましたが、そうゆう挑戦をたどったからこそ、今の自分がある。だから、その過去も正解だったんだって思えたんです。

伊勢:ノリのいい、かっこいい曲調なので、その勢いと歌詞があいまって、聞くと気分がスッキリ!メンタルが強くなるような、背中を押してくれる曲ですね。

上國料:この曲でエネルギーをチャージしてもらって、この夏は大胆におしゃれを楽しんでほしいです!私は、ブルーやピンクのキャッチーなカラーマスカラが主役のメイクをしてみたいなって考えています♡

伊勢:いいですね!私はいろんなネイルを集めて、楽しんでます。自分が好きなおしゃれをするって、最高に楽しい!そういう気持ちを全肯定してくれる曲なので、たくさんの女のコに届いてほしいなって思います。

Check!3 「愛すべきべき Human Life」

素のアンジュルムのにぎやかさが楽しいスカナンバー!

伊勢:3曲目は、シンガーソングライターの堂島孝平さんが、アンジュルムのために初めて書いてくださったもの。他の2曲と違って、とっても明るく、POPな曲です!

上國料:堂島さんは、以前からアンジュルムのことを応援してくださっていて。メンバーやファンの方の気持ちを丁寧に汲んでくださったから生まれた楽曲なんだなぁって、聞くたびにうれしくなっちゃいます♡

伊勢:1曲通して聞いたときに、絶対に幸せな気持ちになれるんです!歌詞にもおもしろい仕掛けがいっぱいあって、そこも必見ですね。たとえば、“And you? And you?”って繰り返すところは、メロディにのせて歌うと“アンジュ”って聞こえるようになっていたり。

上國料:あと、“お先はまっキラ”や“五里宇宙”みたいに、本来ならネガティブな意味を持つ言葉が、ポジティブで明るい気持ちになる造語に変わっているんです。アンジュルムのことをよく知っている人も、そうでない人も楽しく聴けるはず!

伊勢:明るく、楽しい雰囲気のなかに、真面目に伝わる歌詞が入っているのも好きですね。個人的には、一番のAメロの歌詞からいろんなことを感じ、考えました。ぜひ、Ray読者のみなさんにも注目してみてほしいです。

上國料:アンジュルムはこの2〜3年、先輩メンバーの卒業が相次いで、それに伴って新メンバーも加入して、グループの体制が大きく変化しました。

でも、この曲からチームとしての仲の良さや一体感がわかると思います!わたしがグループに加入した頃、アンジュルムの次世代だって言われることが多くて……。

でも、新メンバーも先輩たちも、一緒にがんばっているのに、なんで区別されるの?って違和感があったんです。その気持ちが、“次世代だってリアルタイム みんな同時代”という歌詞のワンフレーズに現れている気がして。びっくりするくらい、メンバーの気持ちにフィットしました。

伊勢:いろんな視点でアンジュルムを見て、作ってくださった曲ですよね。歌詞はもちろんですが、MVもチェックしてほしいところ。先輩後輩の垣根を超えて、普段から仲の良いアンジュルムの姿が見られます!

上國料:MVの冒頭で、みんなでキメポーズをしてるんですけど、これは後輩メンバーがやっているの見て、みんなでしたい!となって、その場で採用されたもの。そういうところにも、普段のアンジュルムの雰囲気が出てるかな。

みんなでわちゃわちゃしている姿と、「愛・魔性」や「ハデにやっちゃいな!」でビシッと決めてるダンス姿とのギャップを、楽しんでもらえたらうれしいです。

Check!4 アンジュルムが進む、次なるステージとは?

上國料:昨年末に加入した、平山遊季ちゃん。その約1年前には、川名凜ちゃん、為永幸音ちゃん、松本わかなちゃんの3人が加わりました。後輩メンバーが自主練をがんばっていると、メンバーみんなのやる気が刺激されて、いい影響が出ているなって感じています。

伊勢:でも、やっぱり先輩からのアドバイスがあるから成長できる部分も大きいです!特に今回の新曲は、年下メンバーは新しい表現の仕方に戸惑うことも多くって。振り付けの先生の指導はもちろんですが、先輩方に見ていただきながらレッスンをしたから完成したなと思っています。

上國料:わたしも、「ハデにやっちゃいな!」のフリーで踊るパートは、佐々木莉佳子さんにアドバイスをもらって形にできたんです。そんな風に、メンバー同士で教え合うってことが増えてきました。後輩が入ってきただけじゃない、いい変化がいっぱい起きているよね!

伊勢:そうですね。わたしはアンジュルムに入ってから、先輩たち一人ひとりが常に進化しているのを肌で感じていました。それがいま、“お互いに高め合っていこう!しかも楽しみながら!”っていう空気がグループ全体に広まっていて、最高にいい環境だなって感じています。

上國料:この2年ほど、なかなかライブができない状況だったので、メンバー個々の活動が増えていました。それが最近少しずつライブができるようになってきて、それぞれ溜めたパワーが一気に集結して、チームワークが強くなったんだと思います。

Profile

〈左〉上國料萌衣(かみこくりょう・もえ)

生年月日:1999年10月24日

出身地:熊本県

公式Instagram:@moe_kamikokuryo.official

2015年にアンジュルムに加入。ステージ上でのパフォーマンス力の高さはもちろん、抜群のビジュアルでファッション誌などでも活躍中。ニックネームはかみこ。

〈右〉伊勢鈴蘭(いせ・れいら)

生年月日:2004年1月19日

出身地:北海道

2018年に7期メンバーとしてアンジュルムに加入。クラシックバレエや声楽を習った経験を生かした、華やかなパフォーマンスに定評あり。大の宝塚ファンという一面も。

Check! シングルが発売中!

「愛・魔性/ハデにやっちゃいな!/愛すべきHuman Life」

通常盤(CD+トレーディングカード)1,300円/アップフロントワークス

撮影/神戸健太郎 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/長澤なゆ(KIND) 取材・文/政年美代子

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com