Ray

人はなぜ結婚するのか?結婚する理由ランキングと名言をご紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
人はなぜ結婚するのか?結婚する理由ランキングと名言をご紹介
人はなぜ結婚するのか、その理由はさまざまですが、経済的なメリットや家庭の安心感を求める人が多い傾向にあります。この記事では結婚する理由のランキングや、結婚にまつわる名言をご紹介。最後まで読めば、自分は結婚をしたいのかしたくないのか、わかることでしょう。
CONTENTS
  1. 人はなぜ結婚するのか?理由を見つけたい人は多い
  2. 人はなぜ結婚するのか?結婚する理由ランキングベスト3
  3. なぜ結婚するのかがわかる名言7つ
  4. 独身に比べて既婚者のほうが幸せを感じやすい?
  5. なぜ結婚するのかは人によって違う。するもしないも自分次第

人はなぜ結婚するのか?理由を見つけたい人は多い

「なぜ結婚するのかわからない」と悩む人は、意外と多いもの。しかし、何のために結婚するのか、自分なりの理由を見つけておくことをおすすめします。

そもそも、恋愛と結婚は違うもの。恋愛は、お互いの気持ち次第でいつでもできるものですが、結婚には法的な手続きが必要です。結婚は、ある程度の責任が伴うものだと言っても良いでしょう。

結婚を必要だと考える理由は、人によってそれぞれ。一般的には、お互いに助け合うことによる経済的なメリットや、家庭を築くことによる安心感が挙げられています。

しかし、自分なりに考えても結婚する理由がわからないのであれば、安易に婚姻関係を結ぶのはおすすめできません。結婚する理由を明確にしておかないと、将来困難が起きたときに乗り越えられない恐れがあるからです。

結婚をしたいと思った理由が明確であれば、喧嘩をしてしまった場合でも、お互い歩み寄りやすくなるもの。これは、夫婦関係を良好に保つ上で必要なことです。

人はなぜ結婚するのか?結婚する理由ランキングベスト3

人はなぜ結婚するのでしょうか? その理由は男女によって異なるようです。

【男性の場合】
1位 好きな人と家庭を作りたいから
2位 人として一人前になりたいから
3位 子供がほしいから

【女性の場合】
1位 子供がほしいから
2位 好きな人と家庭を作りたいから
3位 寂しい、孤独だから

このように、男性は社会的なステータスを求めて結婚したがる人が多い様子。一方で女性は寂しさや孤独感から結婚をしたがる傾向があるようです。

なぜ結婚するのかがわかる名言7つ

どれだけ自分で考えてみても、結婚する理由がピンとこない人もいるでしょう。そんな時は、これから紹介する結婚に関する7つの名言を参考にしてみてください。

結婚には苦痛も喜びもある

結婚には多くの苦痛があるが、独身には喜びがない。

サミュエル・ジョンソン

結婚をすると、夫婦喧嘩やトラブルなど、さまざまな苦悩が訪れることもあります。しかし、お互いで支え合っているからこその、パートナーとの幸せな日々もあるという言葉です。

大変なことも多いけれど、良いこともその分あると捉えられますね。

結婚をする理由は愛

私が結婚するのはたったひとつの理由からよ。それは、愛。

マリリン・モンロー

結婚をする理由はさまざまありますが、何よりも相手への愛が大切だとわかる言葉ですね。理性であれこれ考えるよりも、自分の心が突き動かされるのが大事だと言えます。

自分を心配してくれる人がいる喜び

人類は太古の昔から、帰りが遅いと心配してくれる人を必要としている。

マーガレット・ミード

結婚をして共に暮らしていれば、自分の帰りが遅くなった時もパートナーが心配してくれるもの。常に自分を気にかけてくれる存在がいることで、自分自身をより大切にできるのかもしれませんね。

末永く寄り添える相手ができる

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

グレタ・ガルボ

長い期間寄り添っている夫婦には、深い絆があるもの。お互いが歳をとっても腕を組むほど仲良くできるのは、お互いを想い合っているからこそですね。

永久に支え合えるパートナーを持てることは、結婚の良い点だと言えます。

結婚は自身の成長にも繋がる

とにもかくにも結婚せよ。もし君が良い妻を得るならば、君は非常に幸福になるだろう。もし君が悪い妻を持つならば哲学者となるだろう。そしてそれは誰にとっても良いことなのだ。

ソクラテス

結婚してから、相手に対して「こんな人だったかな?」と感じるのは、よくあること。しかし、相手をより深く知ろうと努力できるため、結果的には良いことだという言葉です。

結婚は、男女ともに心の成長に繋がるということですね。

結婚は力になる

女――それは男の活動にとって、大きなつまずきの石である。女に恋しながらなにかをするということは困難である。だがここに、恋が妨げにならないたった一つの方法がある。それは恋する女と結婚することである。

レフ・トルストイ

恋に落ちると、持てるエネルギーを全力で相手に注いでしまうもの。良いことではありますが、時として仕事に支障が出る場合もありますよね。

しかし、結婚後は相手とずっと一緒にいられる安心感から、エネルギーを仕事に注げるようになるということです。

本当に良いと思える人と結婚しよう

悪い夫を手に入れる女性は、たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。よい夫を得られるなら、いくら結婚が遅れても、遅すぎることはありません。

ダニエル・デフォー

焦って結婚相手を探すのではなく、本当に良いと思える人と結婚すべきだという言葉。

結婚が目的になってしまい、相手を見極める目が曇ってしまっては本末転倒です。

相手をきちんと知り「この人とずっと一緒にいたい」と思えるのであれば、それが良い人だと言えますね。

独身に比べて既婚者のほうが幸せを感じやすい?

独身と既婚者を比べると、既婚者のほうが幸せを感じやすいと言われています。結婚をすることで、一時的に幸福度が高くなるからです。

しかし、結婚の幸福にも次第に慣れてしまうため、2年ほど経つと幸福度は下がってしまいます。これは結婚に限った話ではなく、恋愛や宝くじの高額当選においても同じです。

「幸福度が下がるのなら、結婚をする意味はないのでは?」と、思うかもしれません。しかし、それを考慮した上でも、幸福度実感は既婚者のほうが高いというデータがあります。

パイプド総研政策創造塾が、全国の成人男女2万659人に対して、幸福度実感を0~10点で評価してもらう調査を行いました。その結果、既婚者は未婚者に比べて男性で1.62点、女性で1.06点幸福度の実感が高かったのです。

参考:プレジデントオンライン『「結婚すると幸せになれるか」結婚40年でも円満な夫婦が共通して守ること』

また、既婚者の幸福実感度は男女ともに7点を超えており、概ね幸福を感じていることがわかります。

結婚して幸せになれるかどうかは夫婦の歩み寄りにかかっている

一般的には結婚をするほうが高い幸福度を得られますが、実際幸せになれるかどうかは、お互いの歩み寄り次第です。良い夫婦関係を築くには、お互いを思いやり、2人の繋がりを強めていく必要があります。

夫婦関係を良好に保つためにも、愛情にはドーパミンとオキシトシンの2パターンあることを、知っておきましょう。

ドーパミンの愛情はドキドキ感が強く、相手に対して何かを求めるもの。「もっと会いたい」「もっと○○してほしい」といった感情は、ドーパミン的な愛情です。

対してオキシトシンの愛情は、安らぎや信頼感が強いもの。相手と一緒にいるだけで満たされている、穏やかな愛情です。

恋愛当初のカップルは、ドーパミンの愛情が強い状態だと言えます。

しかし、結婚して長く夫婦関係を築いていくなら、オキシトシンの愛情へ移行する必要があると覚えておきましょう。

なぜ結婚するのかは人によって違う。するもしないも自分次第

結婚をする理由は、人によってさまざま。必ずしも結婚をする必要もないので、自分の気持ちを大事にしましょう。

しかし、結婚をするのであれば、自分の中で理由を明確にしておくことが大切です。結婚の理由が定まっていれば、夫婦間でトラブルが起きたときも歩み寄りやすくなります。

自分は結婚をしたいのかしたくないのか、ゆっくり考えてみてくださいね。

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com