Ray

【宛ら】はなんて読む?例えるときに使います

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【宛ら】はなんて読む?例えるときに使います
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「宛ら」はなんて読む?

手紙や荷物で多く使われる「宛」という漢字。

訓読みにすると、意外な読み方になります。

「宛ら」と書いて、なんと読むかわかりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「さながら」でした。

非常によく似ている様子、そっくりそのままである様子を表す言葉です。

「さながら○○のようだった」のように使い、類語として「まるで」「ちょうど」「あたかも」などが挙げられます。

現在では、類語の「まるで」「ちょうど」を使うことが多いですが、「本番さながらの予行練習」という言葉は、よく耳にしますよね。

「さながら」は「まるで」に比べると、ちょっぴり文学的な響きになりますね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com