Ray

【医師監修】セックス依存症とは?性欲が強いのは病気?診断テストでチェック

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【医師監修】セックス依存症とは?性欲が強いのは病気?診断テストでチェック
セックス依存症とは、性行為をしないと落ち着かず、日常生活に支障をきたしてしまう状態のことです。単に性欲の強い人がなる病気ではありません。この記事では、セックス依存症の特徴や治療方法をご紹介。診断テストもあるので、本記事を読めば自分が性依存症かどうかわかりますよ。
この記事の監修者

東京ブランシェクリニック 医師 鈴木三奈

美容外科、美容皮膚科医として13年の実績があり、多くの女性より支持されている。女性の悩みに寄り添いながら的確なアドバイスと確かな技術力にて信頼できる医師として活躍している。

CONTENTS
  1. セックス依存症(性依存症)とは?
  2. セックス依存症の特徴
  3. あなたはセックス依存症?診断テストでチェックしよう
  4. セックス依存症の治療方法
  5. セックス依存症のパートナーを持つ人が注意すべきこと
  6. 性欲が強い=セックス依存症ではない!テスト結果で判断してみて

セックス依存症(性依存症)とは?

セックス依存症(性依存症)とは、性行為をしないと落ち着かず、日常生活に支障をきたしてしまう状態を指します。過去にはアメリカのプロゴルファーが、セックス依存症だと報道されたこともあります。

実はセックス依存症という病名は存在しません。セックス依存症を医学的に分類するのであれば、診断名は「性嗜好障害」や「強迫的性行動症」となるでしょう。

「性欲が強すぎてセックス依存症になる」のは誤解

セックス依存症は、性欲が強すぎるからなるものではありません。セックス依存症になる人の背景には、過去の性被害によるトラウマや、幼少期の虐待などのつらい経験があることが多いです。

性被害や虐待でトラウマを抱えている人は、セックスの際に優しくされると「大切にされている」と、錯覚してしまいがち。

一時的とはいえ、セックスで不安や悲しみを紛らわすことができるため、性行為に依存してしまうのです。

またセックス依存症に悩む人は10~60代と幅広く、単に性欲の強さだけの問題ではないことがわかります。セックス依存症は、過去のトラウマなどが引き金となれば、誰にでも起こりうる病気なのです。

セックス依存症の特徴

セックス依存症の人には、性行為が原因でトラブルや失敗が起きても、セックスをやめられないという特徴があります。一度自分の中でスイッチが入ってしまうと、セックスやオナニーをしないと気分が落ち着かないのです。

たとえば、望まぬ妊娠をしたり性感染症にかかったりしても、セックス依存症の人は性行為をやめられないことが多いでしょう。

また、借金をしてまで風俗に通ったり、社会的信用を失っても不倫がやめられなかったりする人も、セックス依存症の可能性が高いと言えます。

なぜなら、セックス依存症の人の脳は、アルコールや薬物依存の人と似たメカニズムで働いているのためだとか。

科学的にはまだ明らかになっていませんが、やめたいのにやめられない状態は、アルコール・薬物依存症と同じ症状だと言えるかもしれません。

あなたはセックス依存症?診断テストでチェックしよう

以下は東京ブランシェクリニックの鈴木三奈先生監修「セックス依存症の診断テスト」です。

当てはまる項目が5以下なら問題なし、6〜8で要注意、8以上であればセックス依存症の可能性が高いと言えます。

あなたはいくつ当てはまるか、チェックしてみましょう。

  1. きまった相手とのセックスより不特定多数のセックスが多い
  2. セックス後罪悪感や自責の念にとらわれることがある
  3. セックスのことを考えると仕事や用事が手につかないことがある
  4. セックスをしているときは他のことを一切考えない
  5. セックスをしたく他の人との約束をやぶってまで優先することがある
  6. 性的な思考や行動に関して誰かの助けを必要としている
  7. 不安な気持ちなどから逃げたくてセックスをしている
  8. セックスのことを考える時間が多く集中力や仕事の効率が落ちている
  9. セックスの質より回数にこだわることがある
  10. セックスを人間関係や仕事より優先することがある

チェックの結果、上記の項目のうち8個以上に当てはまった方は以下の治療方法を参考にしてください。

セックス依存症の治療方法

  • カウンセリングやサポートプログラムを受ける
  • 自助グループへ入会する
  • セックス以外のストレス解消方法を見つける

カウンセリングやサポートプログラムを受ける

セックス依存症の治療法として効果的なのは、カウンセリングやサポートプログラムを受けること。専門知識のある医師が行う治療法で信頼性が高く、根本的な解決に繋がるからです。

カウンセリングやサポートプログラムを希望する場合は、精神科や心療内科などを受診しましょう。

自助グループへ入会する

セックス依存症を改善する方法として、自助グループへの入会もあります。自助グループとは、同じ病気などを持つ人たちが集まる場所のこと。同じ悩みを抱えているからこそ、自己開示や話の共有によって、立ち直っていけると言われています。

自分と同じ悩みを持つ仲間との交流を希望する人は、自助グループでの活動を検討してみると良いでしょう。医師のカウンセリングとは、また違った良さがあるかもしれません。

セックス以外のストレス解消方法を見つける

自分でできるセックス依存症の治療法は、自分なりのストレス解消方法を見つけること。セックス以上に夢中になれることが見つかれば、症状が改善に向かうかもしれません。

何をしてストレスを発散するかは人それぞれなので、自分に合うものを見つけることが大切です。しかし、運動や料理など、健康的かつ体に害のないものを選ぶようにしましょう。

セックス依存症のパートナーを持つ人が注意すべきこと

  • セックス依存症の人をかばうと症状が悪化することがある
  • カップルや夫婦の場合、今日依存関係が改善を妨げることがある

セックス依存症の人をかばうと症状が悪化することがある

パートナーがセックス依存症の場合、相手をかばってしまうと症状が悪化することもあります。相手が問題を起こした際に、代わりに謝るなどの尻拭いをすると、本人がことの重大さに気づきにくいからです。

当の本人が無自覚だと、反省をせず何度も同じことを繰り返してしまいがち。これでは、いつまでたっても症状は改善に向かいません。本人のためにも、かばいすぎないよう注意しましょう。

カップルや夫婦の場合、共依存関係が改善を妨げることがある

カップルや夫婦の場合、共依存関係がセックス依存症の改善を妨げていることもあります。共依存の関係だと、パートナーを助けることで、自身の自己肯定感を高めてしまっていることがあるからです。

共依存関係になっているかどうかは、本人ではなかなか気づきにくいもの。

たとえば、相手の世話を焼いて自分の存在を認められたいと思う場合や、相手に見捨てられるのが怖くて言うべきことを言えない場合は要注意。共依存関係に陥っている可能性が高いと言えます。

共依存関係になっている場合、良かれと思ってしたことが、相手のサポートになっていない場合も。

共依存のカップルがセックス依存症から立ち直るには、問題をきちんとオープンにし、パートナーと正しく距離を取ることが大切です。

性欲が強い=セックス依存症ではない!テスト結果で判断してみて

性欲が強いことがセックス依存症に結びつくわけではありません。セックス依存症に陥る人の多くは、過去の性被害や虐待などがトラウマになっています。

自分がセックス依存症かどうか不安になった時は、診断テストでチェックしてみましょう。

万が一セックス依存症の場合でも、カウンセリングや自助グループでの活動で治療できるため、安心してくださいね。また、セックス以外でストレスを発散できるよう、趣味を見つけるのもおすすめです。

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com