Ray

【寄席】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【寄席】はなんて読む?読めそうで読めない常識漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「寄席」はなんて読む?

奇数の「奇」と「席」で「きせき」と読みがちですが、そうではありません。

いったい「寄席」はなんと読むでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「よせ」でした!

意味は小規模な常設演芸場で、「よせ」とは「寄せ場」の略語です。詳しくいうと「人を寄せる場所」という意味です。

寄席では、落語講談・漫才・浪曲・奇術・音曲などの大衆芸能が興行されています。江戸時代に始まり、今でも親しまれていますよね。

寄席は大切な日本文化のひとつなので、これからも続いてものです。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com