Ray

【鑑みる】はなんて読む?訓読みになると読めない難読漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【鑑みる】はなんて読む?訓読みになると読めない難読漢字
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「鑑みる」はなんて読む?

鑑定の「鑑」など馴染みがあるこの漢字。送り仮名がつくと急に読めなってしまいますね。

いったい、「鑑みる」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「かんがみる」でした!

意味は、鏡や水などに移して見ること、手本や先例などと比べあわせて考えることです。

例えば、「自分の交友関係に鑑みると、類は友を呼ぶという言葉に納得する」「過去のデータに鑑みると、広告費を抑えるべきだ」などと使います。

また、鑑という漢字一字で「かがみ」と読むことができ、人の手本や模範を表す言葉なんだとか。

漢字を覚えるときは、言葉だけでなく別の読み方や使い方も併せて覚え、生活のなかで使ってみてくださいね!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com