Ray

【凡例】はなんて読む?「ぼんれい」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【凡例】はなんて読む?「ぼんれい」ではありません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「凡例」はなんて読む?

つい「ぼんれい」と読んでしまいそうな熟語。ヒントは、本や資料でよく見かけるものです。

正しくはなんて読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「はんれい」でした!

凡例とは本のはじめに掲げる、その本の編集方針や利用の仕方などに関する箇条書のことです。グラフなどに用いられることもあり、見かけたことがある方がいるかもしれません。

また、「凡」という字は「おしなべて」、「ひきくるめて」、「いろいろ」という意味があり、「例」は人が同じ列に並ぶ姿から誕生した漢字です。

この2つをあわせて、本や資料全体のルールを表す言葉として凡例が生まれたようです。

みなさんはわかりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com